« 和ト<新潟> | トップページ | 石黒<新潟> »

2016年9月17日 (土)

【236】麺や 来味<新潟>(79)
濃厚オマール海老まぜつけ麺 キャビア添え950円 + 味玉(クーポンサービス)

1年数ヶ月ぶりの訪問。
これだけ間隔があいたのは、家の近くに(ほぼ?)同じメニュー構成の弁天橋通店ができたことと期間限定メニューにやや飽きてきたことが要因。

期間限定メニューは相変わらず豊富で、夏季限定数種に加えて、「濃厚オマール海老まぜつけ麺 キャビア添え」「白はまぐり塩らぁ麺」「フォルマッジョ塩らぁ麺」「ローストビーフの油そば」のラインアップ。
このうち、「はまぐり」と「フォルマッジョ」は以前(前者はH25.5.4等、後者はH26.12.6等。いずれもその後バージョンアップされている可能性あり。)食べたことがあり、「ローストビーフ」はネットで見た写真でローストビーフがあまりにも生過ぎたので回避して、結局「濃厚オマール海老まぜつけ麺 キャビア添え」を選択。

出てきたのはこちら。Rps20160917_1809

お薦めの食べ方に従って、まずはレンゲにのった自家製太麺×キャビアを一口で。
実は、ラーメン屋でキャビアというのは、一昨日の「鬼にぼ@三条」の「鬼こってりレアチャーシューつけ麺」に続いて2度目なのだが、やはり生臭さはなく、また、適度なしょっぱさとプチプチ食感で、見事な「先制パンチ」に。

続いて、麺と具をよく混ぜて、まぜそばとして食べてみると・・・油(香味油)のみ・タレ無しという仕様なのか、味が薄すぎ。
具は、卵黄・ニラ・長ネギ・角切りチャーシュー・岩のり・水菜・メンマ・鷹の爪・魚粉とサービスの味玉で、卵黄・チャーシュー(のタレ)・鷹の爪・魚粉などが「味付け要素」となっているのかもしれないが、私としては、おおいに物足りず。

なので、早々につけ麺に移行。
つけダレは、ゾル状のドロドロのもので、海老風味のかたまり。
これに麺を浸して食べると、海老好きにとっては、たまらない味わい◎。
ただし、くどさくはないものの、味が濃いのは事実なので、時々つけダレに浸さずに、まぜそばとして食べると、良い口直しになった。なので、これを考えれば、まぜそばとしては薄味というのもアリだと思われた。

最後にスープ割りにしてもらったら、当然海老風味は薄まって、おとなしい味わいで終了。海老風味の後味で終わりたければ、このスープ割りは余計だったかもしれない。

感想。海老好きな私としては満足できる一品だった。
ただし、一昨日、類似のコンセプトの「鬼にぼ」の「つけ麺」を食べたばかりなので、おのずから比較したくなるのだが、今回に関しては、海老一辺倒ではなく(「鬼にぼ」は煮干も強烈)、具もより充実していて、価格も安い(780円)「鬼にぼ」の方に軍配を上げたい。


新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

|

« 和ト<新潟> | トップページ | 石黒<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/67705664

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 和ト<新潟> | トップページ | 石黒<新潟> »