« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

じゅうじゅうカルビ 新潟南店<新潟>

【293】じゅうじゅうカルビ 新潟南店<新潟>①
石焼黒醤油ら~めんランチ 853円

他のラーメン屋に向かうべく前を通りかかった焼き肉のチェーン店「じゅうじゅうカルビ」のランチ営業でラーメンが提供されている(しかも4種類)ことを知り、ふらふらと入店。

ラーメンランチは、「黒醤油」「海老塩」「野菜味噌」「台湾」の4種で、いずれも黒カレー&ライスバー・スープバー・杏仁豆腐付き。
今回は、苦手な具(椎茸など)が入っていない・辛くないの消去法で、「黒醤油ら~めんランチ」を選択。

黒カレー&ライスとスープバー(1種のみ)の中華玉子スープをセルフで取ってきたところに出てきた「石焼黒醤油ら~めん」がこちら。Rps20161130_1215


(味玉のサイズとの対比からもわかるとおり)丼は小ぶりなもので、ボリュームは、通常のラーメンの半分程度。
醤油味のスープは、真っ黒で見た目はしょっぱそうだが、実際にはさほどでもなく、むしろ甘みも感じられる。
また、石焼きの器に入っていて、熱々。
麺は中太麺。
具は、豚バラ肉×4と半味玉・玉ねぎ・ニラ。

後半は、卓上のミル入り黒胡椒をたっぷり投入して、富山ブラック風にアレンジ。

ラーメンはやはりボリューム不足だったので、黒カレーをお代わりして対応。

価格的には、セット内容は充実しているものの、ラーメンがフルサイズでない分、割高に感じられた。


新潟市中央区笹口2-6-5
無休 ランチタイム 11:00-17:00(土日祝は-15:00)
公式HP http://www.tomato-a.co.jp/jyujyukarubi/store/hokuriku/10.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

来味 弁天橋通店<新潟>

【292】来味 弁天橋通店<新潟>⑥
デカわんたん鶏塩らぁ麺 850円(税別)

期間限定は「デカわんたん鶏らぁ麺」「フォルマッジョ塩らぁ麺」「ポルチーニ茸と干し貝柱の丸鶏清湯塩らぁ麺」
「濃厚オマールエビつけ麺」の4種。
中では、一番目新しいのが「わんたん麺」。
デフォルトは醤油なのだが、塩も選択できるとのことだったので、塩の方で。

出てきた「デカわんたん鶏塩らぁ麺」はこちら。Rps20161127_1108

ネーミングから、ベースとなっているのは「丸鶏塩らぁ麺」と思われ、それだけで一定のおいしさは約束されたようなもの。
で、主役?のわんたんだが、肉餡がぎっしり入った特大のわんたんが5つも。
しかも、餡に軟骨などの「余計なもの」が入っていない好みのタイプだったので、満足度は大。
具は、他にチャーシュー・海苔・白ネギなど。

「来味」で、具が目立つタイプの限定は珍しいが、かなりおいしかったので、醤油味の方と食べ比べてみたい。


新潟市中央区長潟2-3-7
無休 11:00-14:50LO 17:30-20:50LO(土日は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

煮干し中華そば 八ちゃんラーメン<新潟>

【291】煮干し中華そば 八ちゃんラーメン<新潟>④
煮干し中華そば 並 750円→無料

雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
食べたのは「煮干し中華そば 並」の「身(背脂精製に使用して脂の抜けた背脂)入り」(無料)。

出てきたのはこちら。Rps20161126_1108

豚&鶏のチャーシューは、脂身の無い鶏の方が、このスープには合っているように思われる。


新潟市東区上木戸1-11-1
無休 11:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【290】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(45)
つけめん しろ胡麻味 896円

いつもの「つけめん しろ胡麻味」を。
※写真やコメントは、過去の記事(H27.3.5等)参照

期間限定メニューは、秋メニューの「きのこらーめん」に加えて、冬メニューの「ホワイトチーズカレーラーメン」(好物)も提供が開始されていた。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

こんごう<新潟>

【289】こんごう<新潟>(59)
潮ラーメン 790円

「潮ラーメン」を。Rps20161124_1227

15分程度の待ち時間だったのだが、「お待たせしたので」ということで、豚トロチャーシューをサービスしてくれた(^O^)


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

亥龍(いりゅう)<千葉>

【288】亥龍(いりゅう)<千葉>①
背脂みそらーめん 750円

市川駅周辺で、次女とともに、昼食のラーメンを。
まず「ウズマサ」に行ったのだが、11時半前の時点で10名規模の大行列のため、断念。
次に、駅の反対側に回って、「あけどや」を訪れたのだが、臨休。
そこで、再び北口に戻って、たどり着いたのが、この店。
「魚塩らーめん」と「辛みそつけそば」を例外として、背脂系のメニューがズラリと並ぶ「背脂押し」の店だったので、「背脂みそらーめん」を選択。
また、次女は「背脂醤油らーめん」を。

まず「背脂みそらーめん」だが、たっぷりの背脂×味噌味スープということで、「逃げ道が無い」くどさ&しょっぱさという印象。
麺は太麺。
具は、薄手のチャーシューともやし・ニラ・白ネギ。
これがもう少し充実していたら、くどさ&しょっぱさを緩和するのに貢献してくれるのだが。
後半は、変化をつけるために、さらに辛くなるのを覚悟のうえで、卓上の辛味噌を使用したところ、くどさが緩和されて?食べやすくなった。

一方、次女が食べた「背脂醤油らーめん」だが、こちらは細麺or太麺から選択可だったので、細麺を選択。
しかしながら、このくどいスープに細麺はキビシかったようで、半分強でギブアップしていた。

率直に言って、新潟で、より口に合う&バリエーションの豊富な背脂ラーメン(新潟市内であれば「滋魂」「吉風」「ぴかいち(=閉店)」等)を食べて、ハードルが上がっているだけに、満足はできなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【287】辛味噌亭 とうせんや<新潟>⑱
らーめんセット(塩+鮭チャーハン)680円 + バター50円 + 半味玉(クーポンサービス)

「らーめんセット」に付く日替わりのチャーハンが、好みの鮭チャーハンだったので、セットを。
醤油or味噌or塩から選択可のラーメンは塩で。
これにバターとクーポンサービスの半味玉をトッピング。

出てきたのはこちら。Rps20161122_1234

バターは、スープに影響を与えるのに十分な量で、元々のスープがしょっぱいので、そこにさらにバターというのは、好みが分かれるところかもしれないが、私としては、コクが増すのとコーンとの相性から〇。
あと、麺の量が多いように感じられたのは、もしかしたら、大盛(無料サービス)になっていたためかも。
それから、クーポンサービスは、従来餃子3個無料サービスのみだったのが、半味玉も選択肢に。価格的には餃子3個の方が得なように思われるが、ラーメンの具を充実させることを考えるのなら半味玉の方。

今後も、セットのチャーハンが鮭チャーハンの日には、この組合せ(塩+バター+半味玉)でオーダーすることがありそう。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

お~や<新潟>

【286】お~や<新潟>⑰
蒸し鶏入り鶏煮込み醤油らーめん 820円

親子丼とのセットが魅力的だった「すばる屋」が残念ながら閉店して、その後に中央区から移転してきたのが「お~や」。
ちなみに中央区にあった「お~や」の後には、「碧空麺舗(あおぞらめんぽ)@見附」が支店を出したようだ。

今回の「お~や」の移転で、プラス材料は、向かいのスーパー「キューピッド」の駐車場を利用できるようになったこと。コインパーキング利用だった移転前と比べて、実質的に、これまでよりも100円安く食べられるようになった。

食べたのは約2食限定とハードルが高い「蒸し鶏入り鶏煮込み醤油らーめん」。Rps20161120_1117

鶏醤油味のスープは、粘度は高くないものの、濃厚でしょっぱめ。素人考えでは、もう少し醤油をおさえめにした方が、鶏の風味を堪能できるのではないかと。
麺は中太麺。
具は、皮付きの蒸し鶏&ぶつ切りの鶏肉・半味玉・かいわれ・メンマ。
皮付き蒸し鶏は、「塊」と呼ぶべきレベルの巨大なもの×2で、加えてぶつ切り鶏肉もたっぷり入っているので、鶏好きにはたまらない逸品と言えそう。

他に豚足を使った限定もあったが、私としては、以前は無かったと思われる「鶏つくねらーめん(塩味)」の方に興味を惹かれる。


新潟市東区東中島2-6-1
月休※ 11:00-14:30 17:30-21:00(日-20:00)(月が祝日の場合、昼のみ営業)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

らーめん幸(こう)<新潟>

【285】らーめん幸(こう)<新潟>⑬
あご塩麺680円 + チャーシュー丼150円 

雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
食べたのは「あご塩麺」+チャーシュー丼。Rps20161119_1109


この店も、淡麗系のあご出汁ラーメンと麻婆麺という好対照な二枚看板で、なかなか繁盛しているようだ。


新潟市東区柳ヶ丘5-19
木休 11:00-14:30 17:00-19:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

ラーカク家<新潟>

【284】ラーカク家<新潟>①
ラーカク850円 + 生卵50円

9月にOPENした新店を初訪問。
ラーメン+チャーハンの「ラーチャン」に対して、ラーメン+角煮丼の「ラーカク」がこの店の売り。
なので、「ラーカク」+生卵を。Rps20161118_1842


まずラーメン(「中華そば」)だが、スープは、「ラーチャン」の場合にありがちな薄味ではなく、キリッとした醤油味で、麺は中細麺。
具は、硬めの薄切りチャーシュー×2とメンマ・もやし・白ネギ。
味の面では、際立った特長はないものの、不満もなく、単品で650円という価格も、シンプルな具の構成を考えれば、相応に感じられる。

一方、こちらは角煮丼。Rps20161118_1843

柔らかく煮込まれた角煮がそこそこの量と白ネギがのっている。
卓上の辛子もよく合うし、濃いめの味付けに対して、生卵も存在価値大。
ちなみに、辛子は、納豆などに付属しているような小袋入り。ややチープなようにも感じたが、ボリューム的にぴったりだったし、鮮度の面でもこの方が合理的なのかもしれない。

感想。
薄めの味わいのラーメン×濃いめの味付けのチャーハンで補完し合う「ラーチャン」に対して、こちらの「ラーカク」は、どちらも濃い味で、相互補完関係には無いように思われるが、どちらもおいしいし、プラス200円でこの角煮丼が付けられるのであれば、私としては、この店では迷わず「ラーカク」!


新潟市西区亀貝80-3
月休(祝翌日)10:30-14:30 17:30-20:30 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

石黒<新潟>

【283】石黒<新潟>⑫
味噌にぼ830円→無料 + チャーシュー100円

雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
最安メニュー以外でも適用可とのことだったので、「味噌にぼ」を。

出てきた「味噌にぼ」+チャーシューはこちら。Rps20161117_1916

スープは、いつになくしょっぱくて、煮干が劣勢なように感じられた。これが、マイナーチェンジによるものなのか?orブレの範疇なのか?or私の舌の問題なのか?は不明。
具では、たっぷりの玉ねぎは◎だったが、追加して3枚になったチャーシューに関しては、1枚100円はどうかと思う薄手のものだったので、デフォルトの2枚で十分だったかも。


新潟市東区秋葉通3-40
無休 11:00-14:30 17:30-21:00(スープ切れ終了、月火は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【282】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(30)
ランチ(ピリ辛チャーハン) 690円

本日は、いつもの「つけめん」ではなく、ランチの方を。
醤油ラーメンとセットのご飯ものは「ピリ辛チャーハン」でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20161117_1247

「とうせんや」の「辛チャーハン」だと辛すぎる私にとって、この店の「ピリ辛チャーハン」は、ほどよい「ピリ辛さ」で口に合う。


新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

ラーメン二郎<新潟>

【281】ラーメン二郎<新潟>①
小 700円

新潟にも以前から「なおじ」「のろし」「来味」等二郎インスパイア系は以前からあったものの、本物の「二郎」が誕生したのが昨年11月。
1年経過して、本日18時過ぎにようやく初訪問。

メニュー構成は、「小」「大」「小豚」「大豚」の4種のみ。
肉が増量される「小豚」にしようかとも思ったのだが、初回ということで、様子見で「小」の食券を購入。
食券渡し時に、さっそく「ニンニク入れますか?」と聞かれたので、「野菜・ニンニク」でおねがいした。

出てきた「小」野菜・ニンニク増しはこちら。Rps20161115_1810

まずは野菜。「増し」でこのボリュームというのは、「二郎」としては標準~やや少なめかもしれないが、3割くらいはキャベツなので、食べ応え&噛み応えあり。
この野菜の山を減らす段階で、卓上の醤油ダレ&チリペッパーを使用。
次に麺。「二郎」らしいワシワシ感のある極太麺で、量は「小」でもなかなかのもの。
スープも「二郎」らしい醤油味で、期待どおり。
具は、他に分厚い「豚」が2枚。「小」でもこれだけのボリュームだったので、「小豚」にしたら食べきれなかったものと思われる。

結局、腹9分目を超えたぐらいで、どうにか完食。
次回は野菜を減らした方が?とも思うのだが、一方で、麺の量と野菜の量のバランスは、野菜増しでちょうどよいぐらいだったので、野菜を減らすと、麺を持て余すおそれも。

18時過ぎの入店時にはすぐに着席できたのだが、食べ終えた18時半頃には、5名以上の待ちが発生。
女性2人組や一人でニンニク増し増しをコールするお姉さんもいたりしたのも、印象に残った。

退出して、腹ごなしがてら、30分近くかけて徒歩で帰宅。
新潟の二郎インスパイア系もなかなかのレベルではないかとは思うが、やはり本家本元は、「文句無しに二郎」だった。


新潟市中央区万代5-2-8
月祝第3日休 11:00-14:00 16:30-22:00(土日10:00-16:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

和風とんこつ たまる屋<新潟>

【280】和風とんこつ たまる屋<新潟>⑤
背脂マーボーメン880円→680円(クーポンサービス) + チーズ100円 + 半ライス100円

昨日18時半頃訪問したものの、日曜ということもあって、20名を超えると思われる大行列のため、断念。
そこで、本日リベンジしたもの。
本日も同じくらいの時刻の訪問で、席は8割程度うまっていた。

食べたのは「背脂マーボーメン」+チーズ+半ライス。Rps20161114_1853


追加分のチーズは別容器(写真左奥)で提供されたので、それを「背脂マーボーメン」に投入した状態がこちら。
デフォルトでもチーズは入っているのだが、そちらはマーボー餡の下に埋没していて、存在感が希薄。それに対して、追加分は餡に溶け込まずに目立っているし、ボリューム的にも、デフォルト分と合わせてかなりの量になって、辛さを和らげるのに大きく貢献。

というわけで、この店で「背脂マーボーメン」を食べる際には、私としては、チーズ増しはMUSTだと感じた。


新潟市中央区鳥屋野417
無休 11:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

東京じゃんがら ECUTE上野店<東京>

【279】東京じゃんがら ECUTE上野店<東京>①
まぜちゃん 780円

上野駅にて、新幹線の待ち時間が数十分あったため、ネットで検索したところ、駅構内に「東京じゃんがら」なるラーメン屋が出店していることが判明。
秋葉原に本店がある「九州じゃんがら」とJR東日本の子会社が提携して誕生したブランドで、メニュー構成やスープの豚骨度などがより万人受けにカスタマイズされているようだ。
上野駅の最上階北寄りということで、地下の新幹線ホームからはかなり離れているものの、移動+提供待ち+食事時間で、30分強あれば足りるものと判断し、訪問。
14時台という中途半端な時間帯ながら、席は2/3程度埋まっていた。
食べたのは、「じゃんがら」ではお目にかかったことがなかったあえそば=「まぜちゃん」。
これを大盛(並と同料金)でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20161113_1455

中太麺×醤油ダレという基本構成からは、「じゃんがら」らしさは感じられないが、具も、刻みチャーシュー・刻み玉ネギ・刻みのり・魚粉・メンマ・小ネギとツボをおさえた構成で、想定を上回るおいしさだった。
また、卓上には様々なアイテムが置かれていたので、おろしニンニク・白ゴマを使用して、若干のカスタマイズも。

780円という価格は、汁無し系としてはやや割高なようにも思われるが、大盛同料金及び駅構内という立地を考えれば、やむをえないところか。


JR上野駅構内
無休 7:00-23:00(日祝-22:30)
公式HP http://www.nre.co.jp/Portals/0/shop/jangara/index.html#page1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

壱角家 市川南口店<千葉>

【278】壱角家 市川南口店<千葉>③
ラーメン680円 + もやきゃべ100円 + うずら卵5個100円

軽く飲んだ後、実家に泊まる道中にて立ち寄り
(この店を訪問するいつものパターン)。

食べたのは「ラーメン」+「もやきゃべ」+うずら卵5個。
これを麺かためでおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20161111_2156

「ラーメン」自体はオーソドックスな家系なのだが、「もやきゃべ」・うずら卵などのトッピングや卓上の刻み玉ねぎなどのプラスα要素が魅力的。

なお、価格に関しては、以前は上記の価格に1円単位で消費税を上乗せした価格だったのだが、値下げしたのか?or税抜価格をメモしたのか?。


総武線市川駅南口1分
無休 11:00-27:00
公式HP http://ikkakuya.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>

【277】三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>(25)
チャーシューメン(並) 750円

今回も「チャーシューメン(並)」を。
※写真やコメントは、過去の記事(H26.11.26等)参照


新潟市中央区米山1-6-10
火・第3月休 11:00-14:00 17:30-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

東横 笹口店<新潟>

【276】東横 笹口店<新潟>(34)
特製野菜味噌らーめん960円 + 玉子(クーポンサービス)

暑い時期は足が遠のいていたので、約3ヶ月ぶりの訪問。
食べたのは「特製野菜味噌らーめん」(こってり)+玉子。
Rps20161107_1247

やはり、他の「東横」とはキャベツの量が圧倒的に違う。


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【275】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑤
特製濃熟醤油つけめん 大盛 920円→無料 + Aセット(赤シャライス)190円

昼の「来味」に続いて、雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
この無料券、大半の店が、対象メニューが限定されているのだが、この「赤シャモジ」は、全メニューOKという気前の良さ。

私もこの気前の良さに甘えて、「特製濃熟醤油つけめん」を大盛(通常でも並と同料金)で。また、併せてAセット=「赤シャライス」も。

出てきたのはこちら。Rps20161105_1908

麺=二種の全粒粉使用の極太麺 良し
つけダレ=泡立った濃厚つけダレ 良し
具=レアチャーシュー×4&分厚い炙りチャーシュー 良し
と三拍子そろっていて、私の好みでは、新潟の濃厚系つけ麺の中では№1。
具は、他に味玉・メンマ・かいわれ・小ネギ等。

出汁の効いた淡麗な割りスープによるスープ割りも含めて、文句無しの逸品だった。

あと、「赤シャライス」は、刻んだレアチャーシュー入りのバターライス。おいしかったのだが、こちらは、コストパフォーマンス面ではやや不満が。

なお、秋の限定は「霧島黒豚と秋野菜のデミカレーらーめん」。茄子などの苦手な秋野菜が入っているので、手を出しづらい。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺や 来味<新潟>

【274】麺や 来味<新潟>(80)
丸鶏塩らぁ麺 702円→無料

雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
この店では、毎度毎度、期間限定メニューの方に食指が伸びるのだが、今回は無料となる対象はレギュラーメニューなので、その中から「丸鶏塩らぁ麺」を選択。

出てきたのはこちら。Rps20161105_1116

丸鶏清湯の塩味のスープは、派手さはないものの、じんわりとおいしい。
多様な期間限定メニューに「はずれ」が無いのも、レギュラーメニューという「基礎」が、このようにしっかりしているからこそなのであろうと、改めて思った。


新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

時計台<新潟>

【273】時計台<新潟>①
バター野菜ラーメン700円 + ミニカツ丼150円

「かつ力」というとんかつ屋に行ったのだが、満席。
そこで、ラーメンに方針転換。
以前だったら迷わず同じ並びの「茉莉蔵」に行ったところなのだが、今夏移転してしまったため、けやき通り方面へ。
1番近いのは「クマちゃんラーメン」なのだが、「飲んだ後行く店」というのが私の中では固定観念化されている(あくまでも私の主観です)ため、スルーして、「時計台」に。
この店は、10年以上前には何回か訪問したことがあるのだが、記録に残してラーメンを食べるようになってからは初めてということで、初回としてカウント。
メニュー構成は、ラーメンも結構種類が豊富だし、ミニカツ丼のセットがプラス150円ということで、リーズナブル。
そこで、「バター野菜ラーメン」+ミニカツ丼をオーダー。
出てきたのはこちら。Rps20161104_1317

「バター野菜ラーメン」は、バター風味が加わった塩味のスープに野菜(キャベツ・もやし・ニンジン・キクラゲ・白ネギ)
がたっぷりで、タンメン+バターという趣き。
麺は太麺。
具は他に厚手のチャーシューと茹で玉子半分。
これで700円ならコストパフォーマンスも上々。

そして、ミニカツ丼セットの方は、タレカツ×2が入ったミニカツ丼にサラダとお新香も付いて150円ということで、さらにお得。

職場からも近いし、昼食のローテーション入りの可能性あり。


新潟市中央区米山1-9-13
日休 11:00-15:00 17:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

煌(きら)<新潟>

【272】煌(きら)<新潟>⑫
煌カレーラーメン 930円→無料 + ライス

雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
対象メニューを確認したところ、一番好きなメニューである「煌カレーラーメン」も対象に入っていたので、そちらで。
また、ライスは、本来ミニライス付きのところ、ランチタイムサービスで通常サイズのライスに。

グツグツ状態で出てきたのがこちら。Rps20161103_1118

9月にも食べたのだが、やはり絶品。
自宅から車で30分以上かかるので、足しげく通うことは難しいのだが、それでも今回で12回目。
この店の場合、麺がすばらしいので、他のメニューでも、外れの心配がないというのも大きい。

なお、新or期間限定メニューの「Dのみそ」(「D」は「Doro Doro」他いくつかの単語の頭文字らしい)が気になったし、レギュラーの「ヤキブタチャー」1000円も複数の種類のチャーシューがてんこ盛りで、そそられた。


新発田市新栄町1-6-13
月休 11:00-14:00 17:00-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

ほうらい<新潟>

【271】ほうらい<新潟>①
ネギラーメン 740円

「こんごう」を訪問したものの、10/28に続いて(昼の部のみ?)臨時休業。
そこで、数十メートルのところにあるこの店に。
予備知識はゼロだったのだが、店頭に大きな写真入りのメニュー看板が設置されているため、飛び込みでも入店しやすい。

食べたのは「ネギラーメン」。
お客さんの入りは半分程度だったのだが、ラーメン専門店ではなく、定食類をオーダーしたお客さんも結構いたせいもあってか、待ち時間は長めで、出てくるまでの所用時間は約20分。

出てきたのはこちら。Rps20161102_1243

オーソドックスな醤油味の清湯スープ×中細麺で、特徴はやはりネギ。
辛味付きの白髪ネギがたっぷりのっている。
具は他に小ぶりなチャーシューとメンマのみ。

感想。
まずくはないが、ぜひとも再食をというような吸引力は乏しい。
価格的には、たっぷりのネギを考慮すれば、今のご時世ではこんなものなのかもしれないが、デフォルトの「ラーメン」570円との価格差からすると、割高に感じる。


新潟市中央区東大通1-31
無休 11:30-27:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【270】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(29)
つけめん豚骨魚介 820円

※頻繁に食べているため、写真及びコメント省略(H27.7.24等参照)


新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »