« 和風とんこつ たまる屋<新潟> | トップページ | 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> »

2016年11月15日 (火)

ラーメン二郎<新潟>

【281】ラーメン二郎<新潟>①
小 700円

新潟にも以前から「なおじ」「のろし」「来味」等二郎インスパイア系は以前からあったものの、本物の「二郎」が誕生したのが昨年11月。
1年経過して、本日18時過ぎにようやく初訪問。

メニュー構成は、「小」「大」「小豚」「大豚」の4種のみ。
肉が増量される「小豚」にしようかとも思ったのだが、初回ということで、様子見で「小」の食券を購入。
食券渡し時に、さっそく「ニンニク入れますか?」と聞かれたので、「野菜・ニンニク」でおねがいした。

出てきた「小」野菜・ニンニク増しはこちら。Rps20161115_1810

まずは野菜。「増し」でこのボリュームというのは、「二郎」としては標準~やや少なめかもしれないが、3割くらいはキャベツなので、食べ応え&噛み応えあり。
この野菜の山を減らす段階で、卓上の醤油ダレ&チリペッパーを使用。
次に麺。「二郎」らしいワシワシ感のある極太麺で、量は「小」でもなかなかのもの。
スープも「二郎」らしい醤油味で、期待どおり。
具は、他に分厚い「豚」が2枚。「小」でもこれだけのボリュームだったので、「小豚」にしたら食べきれなかったものと思われる。

結局、腹9分目を超えたぐらいで、どうにか完食。
次回は野菜を減らした方が?とも思うのだが、一方で、麺の量と野菜の量のバランスは、野菜増しでちょうどよいぐらいだったので、野菜を減らすと、麺を持て余すおそれも。

18時過ぎの入店時にはすぐに着席できたのだが、食べ終えた18時半頃には、5名以上の待ちが発生。
女性2人組や一人でニンニク増し増しをコールするお姉さんもいたりしたのも、印象に残った。

退出して、腹ごなしがてら、30分近くかけて徒歩で帰宅。
新潟の二郎インスパイア系もなかなかのレベルではないかとは思うが、やはり本家本元は、「文句無しに二郎」だった。


新潟市中央区万代5-2-8
月祝第3日休 11:00-14:00 16:30-22:00(土日10:00-16:00)

|

« 和風とんこつ たまる屋<新潟> | トップページ | 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/68664980

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎<新潟>:

« 和風とんこつ たまる屋<新潟> | トップページ | 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> »