« 東横 笹口店<新潟> | トップページ | じゅうじゅうカルビ 新潟南店<新潟> »

2016年12月18日 (日)

おこじょ<新潟>

【305】おこじょ<新潟>①
札幌MISO特製920円 + 味玉(クーポンサービス)

「赤なおじ」「みそら」等「なおじ」系で色々と店が代わった末に、「なおじ」グループの経営上の問題(H28.1.9参照)から昨年末に閉店し、その後空いていたのだが、そこに入って営業を開始したのがこの店。

事前のネット情報では、「なおじ」の系列であるか否かは確認できなかったものの、「ファイアー!」する(=スープに火を入れて炎上させる)味噌ラーメンということで、
「なおじ」系列かも?という予感のもとに、入店したところ、やはり、トレードマークの帽子をかぶった「なおじ」グループの総帥・佐藤氏が厨房に立っていた。

食べたのは、看板メニューの「札幌MISO特製」。
スープを鍋に入れて火にかけて、そこに火を入れて、派手に「ファイアー!」した後に出てきたのがこちら。Rps20161218_1129

スープは、「ファイアー!」で熱々なうえに、たっぷりのラードの層で覆われているため、ちょっとやそっとでは冷めない。
麺は噛み応えのある極太麺で、しょっぱめのスープとマッチしている。
具は、大ぶりな炙りチャーシューとレアチャーシュー×2・鶏チャーシュー×2とチャーシューが三種。
あとは味玉(デフォルトで半分+サービスで1個)・穂先メンマ・もやし・白ネギ・ひき肉。
さらに、スープの底には生姜が潜んでいて、隠し味に。
中では、ひき肉と生姜が〇。

以前「みそら」で提供されていた「焙煎赤味噌ラーメン」と比べると、「ファイアー!」する味噌ラーメンという共通項はあるものの、味噌や具の構成などからそれば、別物。
札幌の「すみれ」をインスパイアした一品とのことだったが、5年前に札幌出張時に食べた(H23.10.1)「すみれ 札幌すすきの店」の「味噌ラーメン」と比べると、味の面でも互角以上だし、コストパフォーマンスは断然にこちらの方が上と私は感じた。

というわけで、本品でもおおいに満足できたのだが、これとは対照的な淡麗系の期間限定メニュー「焼きアゴ淡麗」にも興味を惹かれた。

また、店内の貼り紙によると、「なおじ」グループは、新潟では「おこじょ」「鬼にぼ」(H28.9.15参照)「なおじ 蓮潟店」の3店、加えて東京で「克味@曙橋」(H21.6.15等)「ジョニーの味噌」(H23.6.1等)の2店の合わせて5店というところまで復興?を遂げたようだ。
(「なおじ 総本店@新潟市中央区」等の他の「なおじ」は、別系列のもよう。)


新潟市西区小新西3-3-1
火休 11:00-15:00 17:00-21:00LO
公式HP http://naoji.com-m.jp/

|

« 東横 笹口店<新潟> | トップページ | じゅうじゅうカルビ 新潟南店<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/69026413

この記事へのトラックバック一覧です: おこじょ<新潟>:

« 東横 笹口店<新潟> | トップページ | じゅうじゅうカルビ 新潟南店<新潟> »