« 2017年2月 | トップページ

2017年3月30日 (木)

オレたちのらー麺屋 ちょび吉<新潟>

【70】オレたちのらー麺屋 ちょび吉<新潟>⑧
ド生姜醤油チャーシュー麺900円 + ライス(クーポンサービス)

西区にあった「ちょび吉」が、中央区の「漢×2」の後に移転して再オープン。
店名は、「俺たちの…」から「オレたちの…」に微妙に変わっている。
12時10分頃の到着で、前8名待ち。西区時代と同様に回転が遅いので、着席まで・着席後ともに待ち時間が長く、食べ始めるまでに約30分要した。

今回食べたのは「ド生姜醤油チャーシュー麺」+クーポンサービスのライス。Rps20170330_1259

「ド生姜」のネーミングどおり、生姜を思い切り効かせた醤油味のスープ×中太麺。
具は、厚めの乱切りチャーシュー×たくさんと海苔・メンマ・なると・ほうれん草・白ネギ。
生姜醤油味のスープや具の構成などから、印象としては、「青島」の生姜を大幅に増強した感じ。

生姜一辺倒の味に飽きてきた後半は、卓上のミル入り黒胡椒を投入して、富山ブラックよりの味にシフト。

この一杯を食べ進むうえで、欠かせないと思ったのが、ライス。たっぷり1膳分あったのだが、スープがしょっぱいし、チャーシューも大量なので、結果的に適量だった。

というわけで、待ち時間が長いという難はあるものの、味・ボリューム面ではかなり満足。
もう一つの看板メニューである塩味の「スーパージンジャーヘブン」に関しては、西区時代に食べた際(2015.7.4)には、醤油味以上に生姜がきつく感じたのだが、チャーシュー麺で、ライス付きでリトライしてみたい。

なお、店内入口付近には「三吉屋」からの開店祝いの花が。
「なおじ」出身者の店と認識していたし、ラーメンの系統も「三吉屋」とはかけ離れているように思うのだが、どんなつながりがあるのだろうか?


新潟市中央区春日町3-4
月休(祝の場合翌日) 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【69】辛味噌亭 とうせんや<新潟>(23)
つけ麺 ゴマ味噌 あつもり750円 + 岩海苔100円 +味玉(クーポンサービス)

「つけ麺 ゴマ味噌」のあつもり+岩海苔+味玉を。Rps20170329_1241


この店のつけ麺は、ひやもりだと細麺、あつもりだと太麺となるので、私としては、後者を選ぶことが多い。
また、味玉はデフォルトでも半分入っているので、写真はデフォルトの状態で、後からクーポンサービス分の味玉半分が追加された。
つけダレが思った以上に辛かったので、麺が浸っていた茹で汁?で薄めて食べた。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

まっくうしゃ 笹口店<新潟>

【68】まっくうしゃ 笹口店<新潟>②
みそ(越後×信州)830円 + 煮込みちゃーしゅう丼100円

前回の初訪問時に大行列だったので、二の足を踏んでいたのだが、本日は仕事の都合上、早めの昼食ということで再訪。
11時50分頃の到着で、無事すぐに着席。
食べたのは、本店の方には無い「みそ(越後×信州)」。
出てきたのはこちら。Rps20170328_1218

スープは、越後産と信州産の味噌を合わせた味噌味で、味はかなり濃厚。さらに、マー油も浮かんでいる。
麺は平太麺。
具は、大判の炙りチャーシューともやし・白ネギ・コーン
・水菜・揚げネギ・糸唐辛子。
大量の野菜が、濃厚なスープの味をうまく中和してくれる。
価格に関しては、これだけ具が充実していれば、800円超えも致し方ないのかもしれないが、同じく具が充実しているのに価格が600円台の「醤油」「塩」と比べると、コストパフォーマンスは見劣りする。

一方、↑の写真右は、数量限定の「煮込みちゃーしゅう丼」。
煮込みチャーシューたっぷりで、これで100円なら文句無しに安いと思うのだが、チャーシューを煮込んだタレもたっぷりかかっているので、かなり味はしょっぱめ。
なので、濃厚な味のラーメンとの相性はやや疑問。
この店のラーメンなら、白ライスの方は合いそうなのだが、「煮込みちゃーしゅう丼」よりも高い(150円)ので、オーダーする気になりにくい。

なお、店を出た12時20分頃には、やはり10名規模の行列になっていた。


新潟市中央区南笹口2-1-56
月休 11:00-15:00 17:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【67】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(57)
エビ薫る旨塩ら~めん 830円

春季限定メニューの「エビ薫る旨塩ら~めん」を太麺で。
出てきたのはこちら。Rps20170327_1241

毎年、春には海老を使った季節限定メニューが提供されているが、少しずつマイナーチャンジされていて、今年の1番の変更点は、海老ワンタンが無くなって、代わりに素揚げの海老が入った点。海老の香味油でも、十分に海老風味が付加されるが、素揚げの海老だと、破壊力は一桁上で◎。
具は他に半味玉・桜海老(素揚げのものとは別の乾物)・海苔・キャベツ・青ネギ・白ゴマ等。
素揚げの海老の効果が大で、この店では久々にスープも飲み干した。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

手仕事らぁめん 八<新潟>

【66】手仕事らぁめん 八<新潟>⑯
朝つけ麺セットB(肉ワンタン+小ライス)730円 + 味玉(クーポンサービス)

新潟駅前店の方には、平日の昼食でよく訪問しているのだが、こちらを訪れるのは、実に2年数ヶ月ぶり。

10時半頃の訪問で、10台以上のキャパシティのある駐車場は残り1。
ただし、店内は半分強程度の席の埋まり具合だった。

食べたのは、つけ麺&肉ワンタン&小ライスがセットになった「朝つけ麺セットB」。Rps20170325_1048

この組み合わせだと、ライスはややもてあまし気味に。


新潟市中央区堀之内南1-1-17
無休 7:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

こんごう<新潟>

【65】こんごう<新潟>(67)
岩海苔塩ラーメン 840円

本日は「岩海苔塩ラーメン」を。Rps20170324_1227

新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【64】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(32)
つけめん豚骨魚介 820円

前回に続いて、ランチセット目当てで訪問。
が、これが「日替りミニ丼セット」にモデルチェンジされていて、良くなった点としては、
・ラーメンは醤油or豚骨or塩からの選択式に
逆に悪くなった点としては、
・690円→780円に値上げ
・セットのご飯ものは、5種類からの選択式から、曜日替わりの1種類のみに
・しかも5種類のご飯もののうちで、1番人気だったと思われるピリ辛チャーハンが廃止

値上げはともかく、あとの2点が、私にとっては致命的な改悪。
なので、セットは見送って、「つけめん豚骨魚介」に。

※頻繁に食べているため、写真及びコメント省略(H27.7.24等参照)


新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

ブタシャモジ<新潟>

【63】ブタシャモジ<新潟>②
豚そばジェノベーゼ770円 + 味替玉150円 + 羽根付き餃子(クーポンサービス)

期間限定の「豚そばジェノベーゼ」を。
麺の硬さは、ハリガネ~ヤワの5段階中で真ん中の「カタ」でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20170321_1951

まず、表面は、同系列の「赤シャモジ@東区」の「泡シャモジ」(2019.2.2)と同様に、泡で覆われている。
その下のスープは、白濁豚骨がベースなのだが、「ジェノベーゼ」ということで、バジル風味のソースにより、見事な緑色をしている(↓の2枚目の写真の左端参照)。
味に関しては、私としては本来バジル風味はあまり好きではないのだが、豚骨×バジルの相性が良いらしく、豚骨オンリーよりもはるかに飲みやすかった。
麺は、もちろん極細ストレート麺。麺の硬さは、もっと硬くてもよいように感じたので、替玉(後述)は「バリカタ」でおねがいすることに。
具は、バジルと片栗粉をまとった「バジル豚」120g・グリーンアスパラ・バジル粉末・フライドガーリックとここでもバジル&緑押し。
卓上にも色々置いてあったが、白ゴマのみ使用して、1杯目を終了。

で、続いてオーダーした「味替玉」とクーポンサービスの「羽根付き餃子」はこちら。Rps20170321_1956

替玉の上にのっているのはマー油で、これが「味替玉」の「味」部分なのだが、豚骨×バジル×マー油となると、さすがに味が重なりすぎだし、緑×マー油の黒ということで、見た目も悪くなった。。。
これなら、東京の「俺式@日本橋他」(2012.10.24参照)の「俺式ラー醤唐し油そば」のように、替玉の方に、ラーメンスープやラー油・醤油ダレを加えて、油そば?として食べた方がよかったかもしれない(皿が浅いのでやりにくいかもしれないが)。
一方、「羽根付き餃子」に関しては、羽根に全力を注いでしまったのか、羽根は立派なのだが、肉餡の方が、汁気無しでパッサパサで、口に合わず。


新潟市中央区女池上山1-12-10
無休 11:00-24:00LO
公式HP http://kakunaka-t.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【62】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>(23)
濃厚煮干しつけ麺 800円

今回は「濃厚煮干しつけ麺」を。
つけ麺の場合、中盛り(320g)も並(240g)と同料金なので、中盛りでおねがいした。Rps20170321_1255


※スマホを4年ぶりに更新したので、画質がアップ(したはず)


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

肉ばか<新潟>

【61】肉ばか<新潟>②
新潟の塩780円→730円(クーポンサービス) + 鶏タレカツ丼200円

開店数分後の入店で、キャパシティの大きい店内は、3分の2以上の入りと盛況。
従って、食べ始めるまでに二十数分を要した。

食べたのは「新潟の塩」と鶏タレカツ丼。Rps20170319_1127

まず、「新潟の塩」だが、同系列の「しゃがら 肉ばか@北区」の「塩ラーメン」は清湯なのに対して、こちらは白湯。粘度は低くてサラサラなのだが、味の方は濃いめ&しょっぱめ。
麺は中太麺。
具は、細長いチャーシュー×2・蛤×2・姫タケノコ・紫玉ねぎ・なると・水菜など。
充実しているし、なかなか個性的。
また、たっぷりふりかけられているチリペッパーが、実に良いアクセントに。

この内容なら、価格に関しても納得できる。

また、「鶏タレカツ丼」もおいしいことはおいしかったのだが、裏メニューでマヨネーズがけバージョンもあることが、退出時に判明。次回はぜひそちらを試してみたい。


新潟市中央区弁天橋通1-6-23
無休 11:00-22:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

奥村家<新潟>

【60】奥村家<新潟>⑱
のりラーメン790円→690円(クーポンサービス) + キャベチャー130円

いつも食べている「のりラーメン」太麺・かため+「キャベチャー」を。Rps20170318_1107


「塩とんこつ」などの別紙メニューが見当たらなかったが、廃止されたのだろうか?


新潟市東区南紫竹2-6-28
水休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【59】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(56)
つけめん しろ胡麻味 896円

いつもの「つけめん しろ胡麻味」を太麺で。
※写真やコメントは、過去の記事(H27.3.5等)参照


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

じゅうじゅうカルビ 新潟南店<新潟>

【58】じゅうじゅうカルビ 新潟南店<新潟>④
石焼スゥンドゥブラーメン&焼肉ランチ 1058円

今回は、新メニューの「石焼スゥンドゥブラーメン&焼肉ランチ」を。

まず、先に出てきた焼き肉&サラダ&杏仁豆腐がこちら。Rps20170315_1252

焼き肉は、鶏もも肉4&牛カルビ3で、下味も付いているのだが、付属のレモン汁や卓上のタレ・塩胡椒によるカスタマイズも可能。
また、私はサラダに入っている玉ねぎが、生だと苦手なので、これも焼いてみたりした。
さらに、セルフサービスで、スープバーの利用も可だったので、中華スープも(写真無し)。

そうこうしているうちに、〆のラーメンのようなタイミングで出てきた「石焼スゥンドゥブラーメン」がこちら。Rps20170315_1250

サイズは、この店のランチの他のラーメンと同様にミニサイズ。
スープは当然辛いのだが、具の豆腐と生玉子で、多少は辛さが中和されるので、積極的にはスープを飲まなかったら、対応できた。
麺は中太麺で、具は他にニラ。

ランチで1000円オーバーというのは、あまり無いことなのだが、焼き肉まで付いたら(っていうか焼き肉とラーメンのどちらが主役なのか?)、致し方のないところか。


新潟市中央区笹口2-6-5
無休 ランチタイム 11:00-17:00(土日祝は-15:00)
公式HP http://www.tomato-a.co.jp/jyujyukarubi/store/hokuriku/10.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

東横 笹口店<新潟>

【57】東横 笹口店<新潟>(38)
辛肉ラーメン780円+ 半ライス(クーポンサービス) 

「辛肉ラーメン」+サービスの半ライスを。Rps20170313_1245


野菜(キャベツ・もやし・白ネギ)の山が「分水嶺」となって、辛肉の辛みが、早々にスープ全体を支配するようなことはないのが、私としてはありがたい。


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

市玄<新潟>

【56】市玄<新潟>⑱
背脂らーめん 650円 + 岩海苔180円→クーポン サービス

11時前の訪問で、8割以上のお客さんの入り。
その後は、数名の待ちが発生という盛況。
前回も似たような感じだったので、この店も人気店の仲間入りをしたのかもしれない。

今回は、初めての「背脂らーめん」を岩海苔トッピングで。

出てきたのはこちら。Rps20170311_1108

スープは、背脂たっぷりで、この系統としては、それほど醤油は立っていない。
麺は中太麺で、これはもっと太い方が合っていそう。
具は、チャーシュー・メンマ・小松菜・もやしと追加の岩海苔。背脂系には玉ねぎが必須だと思っているのだが、追加トッピングにも無いのは残念。

以上のとおり、いくつか注文をつけたくなる点はあったのだが、なんだかんだいってもスープが進んだのは、岩海苔のおかげと背脂が上質なためか?
というわけで、「背脂らーめん」には岩海苔がぜひ欲しいと思うのだが、プラス180円という価格を考えると、本日のようにトッピングのサービス券がある時がねらい目ということになりそう。


新潟市江南区茗荷谷711(新潟市中央卸売市場内)
日・祝・第2,4水休 8:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

こんごう<新潟>

【55】こんごう<新潟>(66)
焼あご鶏白湯ラーメン 880円

1年強ぶりに「焼あご鶏白湯ラーメン」を。Rps20170310_1228


スープは、あご出汁が、鶏に負けずに主張しており、後味ではあごの方が優勢。
極力スープは、飲み干さないようにしているのだが、思わず9割以上進んでしまった。

なお、チャーシューは、以前は鶏だったのが、豚に代わって(戻って?)いた。


新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>

【54】三吉屋 駅南けやき通り店<新潟>(28)
チャーシューメン(並) 750円

前回は「もやしそば」に「浮気」したが、今回はいつもの「チャーシューメン(並)」を。
※写真やコメントは、過去の記事(H26.11.26等)参照


新潟市中央区米山1-6-10
火・第3月休 11:00-14:00 17:30-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【53】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(33)
ランチ(ピリ辛チャーハン) 690円→590円(クーポンサービス)

本日は、「ランチ」を、ご飯もの「ピリ辛チャーハン」で。Rps20170307_1222

店発行のクーポンで100円引きだった。


新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【52】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(55)
野菜塩らーめん 831円→631円(クーポンサービス)

先日(2/13)に続いて、店発行の野菜ラーメン限定の200円引きクーポンを利用するべく訪問。
前回は野菜味噌の方を食べたので、今回は「野菜塩らーめん」の方を太麺で。
出てきたのはこちら。Rps20170306_1237

スープは、わりと醤油寄りのオーソドックスな味わい。
私としては、塩一辺倒の攻撃的な味を期待したいところなのだが、それはこの店の「芸風」ではないのかもしれない。
具は、基本的に味噌野菜と同様なのだが、トマトが入っていたのは、他のメニューのものが混入したのではないかと思われる。

やはり、定価だと高いように感じるが、本日は200円引きなので、満足。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

のろし 白根店<新潟>

【51】のろし 白根店<新潟>⑥
ラーメン 肉三枚 700円

夕食で、がっつり系を食べたくなり、訪問。
18時55分頃の到着で、席は半分くらい埋まっていて、食べ始めるまでの待ち時間は15分程度だった。

食べたのは醤油味の「ラーメン 肉三枚」。Rps20170305_1909


わりと余裕で完食したのは、空腹具合によるものなのか?or野菜・肉のボリュームによるものなのか?orキャベツ少な目の野菜の構成によるものなのか?

でも、特に麺が良いし、価格も安いので、新潟市内の二郎インスパイア系の中では、私としては、かなり上位の位置づけ。


新潟市南区大通南5-1139
火休 11:00-21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーチャン家<新潟>

【50】ラーチャン家<新潟>②
ラーチャン 850円 + 煮玉子(クーポンサービス)

10時45分頃の到着で、既に店内には10名以上の先客。
食べたのは「ラーチャン」+煮玉子。
着席してから2分足らずで、出てきたのがこちら。Rps20170305_1047

これだけの早業が可能なのは、単一メニューだし、食券を購入した段階で麺をゆで始めているからなのかもしれない。

早いだけでなく、味の面でも満足できるもので、特に煮干の香る和風醤油味スープは◎。
一方、前回絶賛したチャーハンの方が「普通においしい」くらいのレベルに思えたのは、前回でハードルが上がっていたせいもあるかも。


新潟市中央区女池7-19-8
月休 10:30-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

煮干し中華そば 八ちゃんラーメン<新潟>

【49】煮干し中華そば 八ちゃんラーメン<新潟>⑦
濃厚魚介味噌そば 並 850円 + 味玉(クーポンサービス) + 身入り(無料)

初めての「濃厚魚介味噌そば」を並・味玉サービス・身入りで。

まずスープだが、かなり濃厚なドロドロ系で、味の濃さ・粘度ともに高すぎて、あまりスープが進まず。
以前「濃厚魚介味噌つけそば」を食べた時(2016.10.15)には、「濃厚過ぎない」との感想だったのだが、つけダレとしてはアリでも、直接飲むスープだと私の口には合わない配合となっているのかもしれない(そもそも、つけダレとスープでは、配合が異なっているのかもしれないが)。
麺は3種の太さの混合麺。
具は、チャーシュー・もやし・メンマ・白ネギ・おろし生姜と味玉・「身(脂の抜けた背脂)」。
中では、生姜は、清涼剤として効果的だったので、もっと欲しかったところ。

感想。
まず、同じ味噌系で比較すると、私の口に合うのは「味噌つけそば」の方。
また、「肉中華そば」が引き続き850円で提供されていたので、小ライス付き・圧倒的なボリュームのチャーシューを考慮すると、コストパフォーマンス面で、断然そちらが優位に。


新潟市東区上木戸1-11-1
無休 11:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

時計台<新潟>

【48】時計台<新潟>②
バター野菜ラーメン700円 + ランチセット150円

前回同様「バター野菜ラーメン」に、150円でミニカツ丼・お新香・小鉢が付くランチセットをプラス。

出てきたのはこちら。Rps20170303_1235

「塩バター」「味噌バター」などベースの味+バターというネーミングが一般的だと思われるが、こちらは「バター野菜ラーメン」。
そのネーミングどおり、バター味が前面に出ているのが〇。


新潟市中央区米山1-9-13
日休 11:00-15:00 17:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【47】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(54)
つけめん しろ胡麻味 896円

いつもの「つけめん しろ胡麻味」を太麺で。
※写真やコメントは、過去の記事(H27.3.5等)参照


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ