« 手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟> | トップページ | 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> »

2017年3月21日 (火)

ブタシャモジ<新潟>

【63】ブタシャモジ<新潟>②
豚そばジェノベーゼ770円 + 味替玉150円 + 羽根付き餃子(クーポンサービス)

期間限定の「豚そばジェノベーゼ」を。
麺の硬さは、ハリガネ~ヤワの5段階中で真ん中の「カタ」でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20170321_1951

まず、表面は、同系列の「赤シャモジ@東区」の「泡シャモジ」(2019.2.2)と同様に、泡で覆われている。
その下のスープは、白濁豚骨がベースなのだが、「ジェノベーゼ」ということで、バジル風味のソースにより、見事な緑色をしている(↓の2枚目の写真の左端参照)。
味に関しては、私としては本来バジル風味はあまり好きではないのだが、豚骨×バジルの相性が良いらしく、豚骨オンリーよりもはるかに飲みやすかった。
麺は、もちろん極細ストレート麺。麺の硬さは、もっと硬くてもよいように感じたので、替玉(後述)は「バリカタ」でおねがいすることに。
具は、バジルと片栗粉をまとった「バジル豚」120g・グリーンアスパラ・バジル粉末・フライドガーリックとここでもバジル&緑押し。
卓上にも色々置いてあったが、白ゴマのみ使用して、1杯目を終了。

で、続いてオーダーした「味替玉」とクーポンサービスの「羽根付き餃子」はこちら。Rps20170321_1956

替玉の上にのっているのはマー油で、これが「味替玉」の「味」部分なのだが、豚骨×バジル×マー油となると、さすがに味が重なりすぎだし、緑×マー油の黒ということで、見た目も悪くなった。。。
これなら、東京の「俺式@日本橋他」(2012.10.24参照)の「俺式ラー醤唐し油そば」のように、替玉の方に、ラーメンスープやラー油・醤油ダレを加えて、油そば?として食べた方がよかったかもしれない(皿が浅いのでやりにくいかもしれないが)。
一方、「羽根付き餃子」に関しては、羽根に全力を注いでしまったのか、羽根は立派なのだが、肉餡の方が、汁気無しでパッサパサで、口に合わず。


新潟市中央区女池上山1-12-10
無休 11:00-24:00LO
公式HP http://kakunaka-t.com/

|

« 手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟> | トップページ | 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/70183882

この記事へのトラックバック一覧です: ブタシャモジ<新潟>:

« 手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟> | トップページ | 会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟> »