« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

【122】すみれ 札幌すすきの店<北海道>②
味噌 900円

出張先の札幌にて。
2軒で飲んで、日付が変わった後に訪問。
こちらを訪れるのは5年半ぶりで、前回同様、看板メニューの「味噌」を。

出てきたのはこちら。Rps20170601_0026

油も多く、かつしょっぱいのに不思議と食が進む。
また、卓上のゆず胡椒も効果的だった。
具は、ひき肉・白ネギ・メンマ・もやしと相変わらず貧弱だが、ひき肉が大ぶりなのは○。

価格に関しては、前回も900円だったので「コストパフォーマンス的には明らかに×」と記していたが、5年以上も据え置かれていたので、コストパフォーマンスは、やや向上(それでもまだ高いが)。


札幌市中央区南3条西3丁目9-2
無休 17:00-27:00(日祝-24:00)
公式HP http://www.sumireya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【121】辛味噌亭 とうせんや<新潟>(27)
らーめんセット(塩+鮭チャーハン)680円 + バター50円 + 餃子(クーポンサービス)

「らーめんセット」のチャーハンが鮭チャーハンだったので、セットを。
いつもどおり、ラーメンは「塩」で、バターをトッピング。
さらに、クーポンで餃子(※写真省略)をサービスしてもらった。Rps20170530_1228

新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

東横 笹口店<新潟>

【120】東横 笹口店<新潟>(40)
辛肉ラーメン780円+ 半ライス(クーポンサービス) 

「辛肉ラーメン」+サービスの半ライスを。
※写真省略(H29.3.13等参照)


新潟市中央区南笹口1-1-38
無休 11:00-21:50(火-14:00 日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

花丸軒 難波・法善寺店<大阪>

【119】花丸軒 難波・法善寺店<大阪>①
しあわせラーメン 750円+ ゆで玉子(サービス)

所用により大阪へ。
夜行バスで7時前に大阪駅に到着。
この時間に営業しているラーメン屋は限られているので、リサーチしてあったこの店を訪問。
土曜日とはいえ、朝7時前で、20席ぐらいある席が3分の2以上埋まっている盛況。

食べたのは、基本メニューの「しあわせラーメン」。
ゆで玉子、大盛、キムチが無料とのことだったが、今回はゆで玉子だけサービス(殻むきセルフ)してもらった。

出てきたのはこちら。Rps20170527_0702


豚骨醤油のスープに背脂がたっぷりで、麺は中細麺。
朝からギトギトはキビシかったし、せめて、麺はもう少し太ければ。
具は、チャーシューがバラ肉の成形したものが3枚と塊状のものが1つで、他に海苔(なぜか「縁結び」の文字入り)、なると、メンマ、白ネギとサービスのゆで玉子。

チャーシューが立派なのは、この店が、食肉販売を本業とする企業が展開しているためか。

これなら、より食欲がある時に、チャーシュー増しメニューを、麺大盛で食べたら、よりこの店の魅力を堪能できたのかもしれない。

でも、本日の内容でも、価格面では納得できた。


なんば駅地下街「なんばウォーク」B20番0出口1分
無休 24時間営業
公式HP http://arakawapork.com/shop/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

オレたちのらー麺屋 ちょび吉<新潟>

【118】オレたちのらー麺屋 ちょび吉<新潟>⑧
ド生姜醤油チャーシュー麺900円 + ライス10円 + 味玉(クーポンサービス)

「ド生姜醤油チャーシュー麺」にクーポンで味玉トッピング。
さらに、きつい味のスープに対応するために必須と思われるライスは平日ランチタイムサービスで10円。Rps20170526_1258


後半は、前回「ド生姜醤油」を食べた時と同様に、卓上のミル入り黒胡椒を使用(ミルの使い方がわかりにくいが)して、富山ブラック寄りに味変化。

難点はやはり待ち時間。
前4名待ちだったので、やむを得ないのかもしれないが、待ち時間20分強というのは、ランチタイムに訪れるうえでは、ハードルになる。


新潟市中央区春日町3-4
月休(祝の場合翌日) 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

やなぎ庵<新潟>

【117】やなぎ庵<新潟>③
カレーラーメン500円 + おにぎり(鮭)130円円

前回に続いて「カレーラーメン」を。
そして、鮭のおにぎりも。
※前回に続いて写真撮り忘れ。やはり、立ち食いそば屋というシチュエーションが影響していそう。


新潟駅万代口
無休 6:30-22:30(日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

こんごう<新潟>

【116】こんごう<新潟>(71)
焼きあご塩つけ麺 880円

おなじみの「焼きあご塩つけ麺」を大盛りで。Rps20170524_1238

新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【115】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(61)
荒磯のり 853円

期間限定の「クリームチーズトマトらーめん」目当てで訪問したのが、早くも終了。
他の期間限定も提供されておらず、つけ麺の気分でもなかったので、久々にレギュラーメニューのラーメンを食べることに。

選んだのは「荒磯のりらーめん」。Rps20170522_1234

背脂(少々)入りの醤油ラーメンに岩海苔をトッピングしたもので、味は想定どおり。
価格は850円超ということで高めだが、チャーシュー2枚、半味玉、そして岩海苔というトッピングを考えれば、ギリギリ許容範囲。


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

肉ばか<新潟>

【114】肉ばか<新潟>④
新潟の塩780円→480円(クーポンサービス) + 鶏タレカツ丼200円

前回と同じく「新潟の塩」と「鶏タレカツ丼」を。Rps20170521_1108


「鶏タレカツ丼」は前回同様、マヨネーズがけバージョンでおねがいしたところ、やはり絶品だった。


新潟市中央区弁天橋通1-6-23
無休 11:00-22:00LO
※同系列の「しゃがら」に移行(H30.3記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

高野<新潟>

【113】高野<新潟>④
もつ塩830円→730円(クーポンサービス) + チャーシュー(クーポンサービス) + ご飯小100円

今回は「もつ塩」の方を。Rps20170520_1942

元々もつがたっぷり入っているうえに、クーポンでサービスしてもらったチャーシューも定価80円のわりにかなり立派で、満腹に。


新潟市秋葉区車場4-2-18
無休 11:00-15:00 17:30-20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

東京タンメン トナリ 東京駅店<東京>

【-】東京タンメン トナリ 東京駅店<東京>①
焼そば 680円

※ラーメン屋で、ラーメン以外のものを食べたので、番外編としてご紹介

またしても、東京へ。
微妙に空き時間があったので、月曜日に続いて「東京ラーメンストリート」へ。

今回は、「トナリ」を選択。
この店は同じ「ストリート」内で常に行列ができている「六厘舎」の系列で、基本的には「タンメン」の専門店。
同じ東京駅の丸の内口からすぐのビルにも支店があるので、移転したのかと思いきや、そちらも健在のようで、「六厘舎」と合わせて、東京駅だけで3軒、さらに上野駅にも「トナリ」と絶好調のようだ。

ただし、今回食べたのは「タンメン」ではなく、「焼きそば」。Rps20170519_1754


「タンメン」と同様に野菜たっぷりで、それに加えてイカゲソ天と辛揚げ玉も。
この辛揚げ玉が、思いのほか影響力が強くて、辛かったので、トロ玉入りにした方が、マイルドで口に合ったのかもしれない。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分(東京ラーメンストリート内)
無休 10:30-22:30LO
公式HP http://www.tanmen-tonari.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石や瑳(いやさ)駅前店<新潟>

【112】石や瑳(いやさ)駅前店<新潟>⑦
つけ麺 850円

「こんごう」に向かったのだが、臨休。
そこで、ほぼ1年ぶりにこの店に。

食べたのは「つけ麺」。Rps20170519_1242

つけダレは、粘度は低いが、しょっぱさ&辛さが強め。
麺は丸太麺。
具は、半味玉・ほうれん草・白ネギ・小ネギ・刻み海苔・わかめとつけダレの方に刻みチャーシュー・白ごま。

具の種類は豊富だが、それでも50円~100円くらい割高に感じられた(せめて大盛り同料金なら)。

あと、つけダレのしょっぱさを緩和するために、麺が残っている段階で割りスープをもらって、薄めたところ、その方が口に合った。


新潟市中央区東大通1-6-4
無休 11:00-翌4:00(金土祝前日-翌5:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

和風とんこつ たまる屋<新潟>

【111】和風とんこつ たまる屋<新潟>⑩
チャーシューラーメン 910円→710円

期間限定は、早くも夏向きの「冷やしラーメン」。
冷やし系はあまり好きではないし、辛いのを食べたい気分でもなかったので、「チャーシューラーメン」を。Rps20170516_1911


背脂醤油のスープに、チャーシューがどっさりということで、かなり胃にもたれそうなのだが、意外とあっさり食べられたのは、
チャーシュー=脂身少なめ
背脂=上質?
煎り生姜=アクセント
などのおかげではないかと思われる。


新潟市中央区鳥屋野417
無休 11:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【110】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>(25)
濃厚煮干しつけ麺 800円

今回は「濃厚煮干しつけ麺」を並盛りで。
※写真省略(H29.3.21等参照)


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

仙台牛タンねぎ塩ラーメン き蔵<東京>

【109】仙台牛タンねぎ塩ラーメン き蔵<東京>③
     ※店名の「き」は本来「七」の下に「七七」の漢字
増しラーメン 1000円

東京出張帰りに「東京ラーメンストリート」へ。
20時15分頃の到着で、いつになく空いていて、行列になっていたのは「六厘舎」のみ。

そんな中で今回選択したのは2年数ヶ月ぶりとなる「き蔵」。

食べたのは牛タン増しの「増しラーメン」。Rps20170515_2026

牛タンが3枚(デフォルトは1枚)入っているので、この価格もやむを得ないところか。

味の方は、ゴマ油が良いアクセントになっていて、後半はニンニクペーストや卓上のラー油も使用して味変化も。
また、主役の牛タンはホロホロで◎だった。


山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 10:30-22:00LO
公式HP 東京ラーメンストリート:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲荷屋<東京>

【108】稲荷屋<東京>②
ムール貝の限定 900円

先週に続いての東京出張時に訪問。
こちらの店を訪れるのは2度目で、前回は最寄駅の稲荷町駅を利用したが、今回は上野駅(浅草口)から徒歩で。
思いのほか近くて約10分で到着。
先月(4/14)訪問した「大和」とは、はす向かいぐらいの位置関係。

食べたのは5,6月の限定である「ムール貝の限定」。
限定目当てのお客さんも多いらしく、私の次のお客さんがオーダーした12時45分頃の時点で売り切れに。

出てきたのはこちら。Rps20170515_1252

フレンチ出身の店主らしく、実に「インスタ映え」しそうなビジュアル。
で、味の方だが、まず、スープは、ムール貝の旨み(コハク酸)たっぷりで、アクセントとして、その旨みを邪魔しない程度にハーブも効いている。

麺は柔らかめの中太平打ち麺。

具の主役は、鳥の巣の形状の揚げ麺にのったロールきゃべツ。芽キャベツで鶏団子を包み、さらにその中には豆の餡(ピューレと呼ぶべきか?)。

手が込んでいるのはわかるのだが、具のボリュームが不足していて、この価格でも満腹には至らず。

出汁ガラでもよいので、具にもムール貝があれば とも思うのだが、ビジュアル面で邪魔になるのかもしれない。


銀座線稲荷町駅2分
無休 11:00-22:30LO(日は-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【107】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(60)
つけめん しろ胡麻味 896円

つけ麺を食べるべく訪問したところ、期間限定が好物の「クリームチーズトマトらーめん」に切り替わっていたので、少し迷ったが、結局、予定どおり「つけめん しろ胡麻味」を太麺で。
※写真やコメントは、過去の記事(H27.3.5等)参照


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

特級豚骨 中華そば 湊生(みなせ)<群馬>

【106】特級豚骨 中華そば 湊生(みなせ)<群馬>②
まぜそば780円

東京→新潟の帰宅途中に高崎でもう1杯。
訪れたのは、約3年ぶり2度目の「特級豚骨 中華そば 湊生」。

前回(H26.6.27)「まぜそば」を食べて、具の揚げキャベツが印象に残っていたので、今回も同じものを。
ニンニクあり、マー油(orラー油の二択)入り、並(中盛、大盛同料金)でおねがいしたのも前回と同じ。Rps20170510_1454


で、今回もやはり印象に残ったのは、写真左側の揚げキャベツ。
また、終盤はタレの甘みがやや鼻についたので、マー油ではなく、ラー油の方がよかったのかもしれない(っていうか卓上に置いてくれたら)。

また、価格に関しては、前回は定価が750円で、さらにクーポン価格の600円で食べられたのだが、今回の価格だと、中盛・大盛にしないと、少し割高に感じた。


高崎市矢島町110-27
無休 11:00-29:00
公式HP http://www.keishoken.jp/tenpo/62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨ニモマケズ<東京>

【105】雨ニモマケズ<東京>①
鶏白湯濃厚カレーつけ麺900円 + 〆のチーズ飯100円

東京出張時に訪問。
「ほん田@東十条(=本店)」出身者の店のようだ。
「ほん田NIJI@大宮」や「夏海@赤羽」など「ほん田」の系列の店や出身者の店は、軒並み期間限定がハイレベルという印象が強いので、この店でも初訪問ながら、期間限定の「鶏白湯濃厚カレーつけ麺」を。

出てきたのはこちら。Rps20170510_1217

まず麺は、ツルツルの太麺で、見るからにおいしそうで、実際に、そのまま食べても○。
一方、つけダレはかなりカレー味が強くて思いのほか辛い。でも、濃厚鶏白湯も、しっかり主張していて、「がっぷり四つ」の様相。
そこに、先ほどの太麺を浸して食べれば・・・もちろん美味。
具は、角切りの豚肉と玉ねぎ、キャベツ、ひき肉、メンマ、白ネギ等。
中ではキャベツとひき肉がよかった。

麺、つけダレ、具のいずれも文句無しだったが、コストパフォーマンスがやや悪いように感じた点だけがマイナスポイント。

「〆のチーズ飯」は、つけダレの容器を渡すと、ライスとチーズを入れてくれるスタイル。
量は少なめで、すべてつけダレに沈んでしまうくらいなので、見た目は単なる残ったつけダレ(※なので、写真省略)。
でも、量をおさえめにして、この価格で提供してくれた方がありがたいし、チーズで味がマイルドになって、〆にぴったり。


埼京線十条駅北口5分
火休 11:30-15:30 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

こんごう<新潟>

【104】こんごう<新潟>(70)
南蛮海老ラーメン850円 + 岩のり(クーポンサービス) 

「南蛮海老ラーメン」+クーポンサービスの岩のりを。Rps20170509_1241

新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00
平日のみ「こんごう」として 11:30-14:30営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【103】辛味噌亭 とうせんや<新潟>(26)
塩ラーメン780円 + 味玉(クーポンサービス)

「塩ラーメン」(かいわれぬき)に店のクーポンで味玉(半分)をトッピング。
※何度も食べているので写真・コメント省略(H28.6.8等参照)


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

ラーチャン家<新潟>

【102】ラーチャン家<新潟>③
ラーチャン 850円 + 全増し(クーポンサービス)

今回は「ラーチャン」をクーポンサービスによるトッピング全増しで。

出てきたのはこちら。Rps20170507_1042

味玉が加わり、チャーシューが2枚→5枚になっているのはよいとして、メンマと白ネギはデフォルトの倍以上と思われる大増量で、やや持て余し気味に。

でも、サービスなので、ありがたくいただきました。


新潟市中央区女池7-19-8
月休 10:30-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

麺屋 空<新潟>

【101】麺屋 空<新潟>(25)
空麺ちゃーしゅう980円→680円(クーポンサービス)

本日は300円オフのクーポンあり。
週替わりの「まかない」がお気に入りの「チャキマヨ」だったらそれを付けようと思っていたのだが、「チャー玉」だったので、パスして、代わりに、チャシュー増しの
「空麺ちゃーしゅう」をオーダー。

出てきたのはこちら。Rps20170505_1109

「空麺」よりも200円増しで、チャーシューが2枚から6枚に増量されている。
この店のチャーシューは、レモン風味なのが特徴なのだが、デフォルトの2枚だと「素通り」してしまうところ、数を食べているうちに、じわじわレモン風味が効いて、飽きがこなかった。


新潟市江南区茜ヶ丘7-3
無休 11:00-15:00 17:00-22:00(日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

吉風(きっぷう) 新大前店<新潟>

【100】吉風(きっぷう) 新大前店<新潟>⑧
味噌らーめん790円→590円(クーポンサービス) + 吉風丼200円

初めての「味噌らーめん」を。Rps20170504_1120


スープは、ブレンド味噌使用とのことだが、かなり白っぽい見た目。味の方は、わりとしょっぱさおさえめで、たっぷり振りかけられたすりゴマで、さらにマイルドな味わいに。
そこでアクセントとなるのが、中央にのっている辛味噌。
辛いのはあまり得意ではない私としては、れんげで一旦、下の白い皿に避難させて、徐々に加えていく戦法でのぞんだ。結果、半分程度で、私としては十分な辛さに達した。
麺は太麺(「らーめん」の「こってり」の方と同じ?)。
具は、チャーシュー2・もやし・キャベツ・白ネギ・小ネギ・メンマという構成。

全体として、目新しさはないが、不満な点も無く、そつなくまとまった一杯という印象だった。
また、価格的には「らーめん」よりも110円高いが、「らーめん」(特にこってりの場合)だと岩のりトッピング100円がほしくなるのに対して、こちらは追加トッピング無しでも満足できたので、価格面でもほぼ対等。

あと、「吉風丼」は、酸味が特長だと思っているのだが、今日はいつもよりも酸味が弱かったような。


新潟市西区坂井砂山3-11-14
無休 11:00-15:00 18:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

煮干し中華そば 八ちゃんラーメン<新潟>

【99】煮干し中華そば 八ちゃんラーメン<新潟>⑧
肉中華そば 並 880円 + 身入り(無料) + 餃子(クーポン サービス)

前々回と同様に、「肉中華そば 並」(小ライス付き)に無料の「身入り(背脂精製に使用して脂の抜けた背脂)」をトッピングし、さらにクーポンでサービスの餃子付きで。Rps20170502_1946


やはり「肉」(豚2種&鶏のチャーシュー)のボリュームはなかなかのもの。
これだけ「肉」があるのであれば、「身入り」は蛇足だったかもしれない。


新潟市東区上木戸1-11-1
無休 11:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>

【98】会津喜多方ラーメン 蔵 けやき通り店<新潟>(34) つけめん豚骨魚介 820円

※頻繁に食べているため、写真及びコメント省略(H27.7.24等参照)


新潟市中央区米山1-6-9
水休 11:30-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/kura/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

市松<新潟>

【97】市松<新潟>①
鶏塩700円 + 市松ごはん390円

「潤@長岡他」の系列で先月オープンの新店を訪問。
11時50分頃の到着で、まだ席は空いていたが、退出した12時半頃には10名以上の大行列になっていた。

メニュー構成は、「煮干し醤油」「背脂醤油」「鶏塩」「鶏白湯」の4系統で、本家「潤」の流れをくんでいるのは「背脂醤油」であろうが、今回は「鶏塩」をチョイス。
加えて「市松ごはん」も。

出てきたのはこちら。Rps20170501_1226

スープは、透明度の高い鶏清油。
この系統だと、鶏油をたっぷり浮かべて、力技で旨みを出している店もあるが(それはそれでおいしいのだが)、こちらの場合、鶏油はほどほどで、スープ自体の旨みを堪能できる。
麺は中細麺。
具は、豚&鶏チャーシューとメンマ、ほうれん草、玉ねぎ、白ネギ。
卓上にはハーブ生姜やゆず唐辛子があり、「鶏塩」には前者がおすすめとのことだったが、ゆず唐辛子も後半に使用したらよいアクセントになった。

スープ良し、具よし、価格良しということで、かなり満足できる一杯だった。

あと、「市松ごはん」にはサイコロ状に刻んだ豚&鶏チャーシューがどっさり。
これに添えられたマヨネーズとわさびをまぶしながら食べると美味。
ただし、サイドメニューとしてはボリュームがありすぎるし、390円という価格も、オーダーを躊躇する水準なので、チャーシューを半分くらいにした「半市松ごはん」を100円くらい安い価格で提供してくれると、ありがたいのだが。


新潟市中央区幸西2-1-5
無休 11:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »