2017年2月 2日 (木)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【28】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑦
濃熟醤油チャーシュー麺(大盛)950円 + 塩麹玉子(クーポンサービス)

雑誌等でコンスタントに提供されるクーポンにも釣られて、昨年8月以来、6ヶ月連続で訪問。

食べたのは、看板メニューであるにもかかわらず、未食だった「濃熟醤油チャーシュー麺」の大盛。

出てきたのはこちら。Rps20170202_1923

別名「泡シャモジ」と銘打っているだけのことはあって、スープの表面には大量の泡が。
こんなに泡立っているラーメンにお目にかかるのは、新潟では、「鶏和っ賛。@中央区(閉店)」の「カプチーノらーめん」(2015.8.16)以来。あちらはエスプーマという技法による泡立ったのだが、こちらの泡の正体は不明。
そして、泡の下には、圧力鍋で濃厚に仕上げた動物&魚介のスープが。
濃厚なのに飲みやすいのは、泡のおかげか。
濃厚スープ×泡という意味で、これに近いのが、「とみ田@松戸(千葉)」(2008.1.25)のような気がする・・・9年前に1度食べただけなので、確たることはいえないが。
麺は、自家製のモチモチの太麺。
具は、まず、肉類が、網目状の焼き目がついた特大チャーシュー×3&レアチャーシュー×3で、これだけでも満腹になりかねないレベル。
他に、味玉(デフォルトで半分+サービスの塩麹玉子)・メンマ・白髪ネギ・小ネギ・海苔。
並と同料金ということで、欲張って大盛にしたのがやや裏目に出たようで、ギリギリ完食。

でも、今回も、スープ・麺・具のいずれも文句無しだった。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

青島食堂 司菜 南万代店<新潟>

【8】青島食堂 司菜 南万代店<新潟>⑬
青島チャーシュー850円 + のり50円

行列していることが多いため、足が遠ざかっていた店。
本日は、仕事の都合で、早めの昼食となり、11時40分頃の訪問となったが、それでも空席残り2という状況だった。

食べたのは、いつもの「青島チャーシュー」海苔増し。Rps20170112_1150

新潟市中央区南万代町2-14
月休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

あけどや<千葉>

【6】あけどや<千葉>③
胡麻味噌つけ麺 750円

「胡麻味噌つけ麺」を。
京都の製麺所「棣鄂(ていがく)」特製の「やまぐち@面影橋」と同じ太麺×味噌&ゴマの風味と辛みのバランスの良いつけダレで、味に関しては満足できたのだが。。。

接客がひどかったため、再訪の可能性は低い。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【301】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑥
まぜシャモジ 780円

約4か月ぶりに「まぜシャモジ」を。
大盛(並と同料金)・追い飯付き(無料)でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20161211_1820

写真は混ぜる前なので、普通のまぜそばに見えるが、混ぜると、チーズと卵黄で、クリーム色に。
味の面でも、チーズと卵黄がおおいに幅をきかせていて、
ラーメン屋のメニューとしては、かなりオリジナリティーが高くて、しかもおいしい一杯に仕上がっている。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

燈(AKARI)<新潟>

【294】燈(AKARI)<新潟>⑤
あかりとんこつ+ミニチャーハン 780円

ランチタイム(11時~15時)限定で、プラス80円でミニチャーハンが付くセットが登場していたので、「あかりとんこつ」とのセットをオーダー。

出てきたのはこちら。Rps20161204_1109

まずラーメンだが、極細麺が、私としてはやや柔らかめに感じたので、可能であれば「硬め」にしてもらった方が、好みに合いそう。
また、前回食べた際には「マー油入りの白濁とんこつスープということで、ベースが熊本で、それに辛味噌が入っているラーメン」と書いたのだが、今回認識したもう一つのファクターが背脂。むしろ、このあたりが「新潟とんこつ」を名乗っているゆえんなのかもしれない。

また、ミニチャーハンに関しては、パサつき気味で、あまり口には合わなかったが、プラス80円という価格を考えると、次回以降も付けたくなる。


新潟市中央区上近江2-261-1
不定休 11:00-20:30LO(火-14:30LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【275】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑤
特製濃熟醤油つけめん 大盛 920円→無料 + Aセット(赤シャライス)190円

昼の「来味」に続いて、雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
この無料券、大半の店が、対象メニューが限定されているのだが、この「赤シャモジ」は、全メニューOKという気前の良さ。

私もこの気前の良さに甘えて、「特製濃熟醤油つけめん」を大盛(通常でも並と同料金)で。また、併せてAセット=「赤シャライス」も。

出てきたのはこちら。Rps20161105_1908

麺=二種の全粒粉使用の極太麺 良し
つけダレ=泡立った濃厚つけダレ 良し
具=レアチャーシュー×4&分厚い炙りチャーシュー 良し
と三拍子そろっていて、私の好みでは、新潟の濃厚系つけ麺の中では№1。
具は、他に味玉・メンマ・かいわれ・小ネギ等。

出汁の効いた淡麗な割りスープによるスープ割りも含めて、文句無しの逸品だった。

あと、「赤シャライス」は、刻んだレアチャーシュー入りのバターライス。おいしかったのだが、こちらは、コストパフォーマンス面ではやや不満が。

なお、秋の限定は「霧島黒豚と秋野菜のデミカレーらーめん」。茄子などの苦手な秋野菜が入っているので、手を出しづらい。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

燈(AKARI)<新潟>

【269】燈(AKARI)<新潟>④
笹佐のしおらーめん780円 + ライス(クーポンサービス)

先週に続いて、今月3度目の訪問。
前回気になった期間限定の「焼きらーめん」目当ての訪問
だったのだが、早くも提供終了。
そこで、もう一つの期間限定で、今月いっぱいで終了の「笹佐のしおらーめん」を再食。Rps20161030_1128

私としては、梅干しとスプラウトは不要なのだが、それ無しでも、十分においしい。
また、ライスも普通に1膳分あって、これを残りスープに投入しての〆の雑炊で、さらに満足。

また、新メニューとしてチャーハンも登場していて、ラーメンプラスわずか80円でセットにできるようなので、次回はオーダーしたい。


新潟市中央区上近江2-261-1
不定休 11:00-20:30LO(火-14:30LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

燈(AKARI)<新潟>

【261】燈(AKARI)<新潟>③
あかりとんこつ 700円→無料

雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
期間限定の「焼きラーメン」も気になったのだが、やはり予定どおり無料対象メニューの「あかりとんこつ」を。Rps20161022_1103


「新潟とんこつ」を標榜しているが、マー油入りの白濁とんこつスープということで、ベースが熊本で、それに辛味噌(発祥は「龍上海@山形」?)が入っているラーメンがなぜ「新潟」を名乗っているのかは、やや疑問ではあるものの、変化に富んだおいしい一杯に仕上がっていると思うので、味には満足。


新潟市中央区上近江2-261-1
不定休 11:00-20:30LO(火-14:30LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【252】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>④
~新潟県産小麦三昧~ドロシャモジ800円 + 味玉(クーポンサービス)

「あしら@村上市(荒川)」~「赤シャモジ@新発田」~この店ときて、さらに今月中に「ブタシャモジ@新潟市中央区(女池)」がOPEN予定と順風満帆の「角中グループ」。

本日は、前回(9/2)食べて気に入った雑誌のラーメン特集のコンテスト参加メニュー「~新潟県産小麦三昧~ドロシャモジ」を再食するべく訪問。

硬茹での極細麺は、茹で時間わずか10秒だそうで、オーダーしたら、驚くほどすみやかに提供される。Rps20161006_1855

※写真の他に、つけ麺用の別皿あり(H28.9.2参照)

まずはラーメンとして、続いてつけ麺として食べることになるのだが、私としては、後者が特にお気に入り。

あと、少々変わった出来事が。
後から来て隣りに座った同年輩くらいの女性一人客が、いきなり「おすすめは?」と聞いてきたので、咄嗟に、「私は『ドロシャモジ』をオーダーした」と回答。
そのお客さんも同じものをオーダーしたのだが、硬茹で極細麺が口に合わなかったようで、麺に関して店員さんに「茹で不足ではないか」と確認する事態に。
この店での王道と思われる極太麺の濃厚系をおすすめしておいた方がよかったのかもしれない。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

燈(AKARI)<新潟>

【248】燈(AKARI)<新潟>②
笹佐のしおらーめん780円 + ライス(クーポンサービス)

雑誌のラーメン特集のスタンプラリー及びコンテスト参加メニュー目当てで初訪問。
食べたのは該当メニューの「笹佐のしおらーめん」。
出てきたのはこちら。Rps20161002_1105

鶏ベースのわずかに濁りのあるスープに笹川流れ&佐渡の塩を使用した塩ダレ、そして麺は細ストレート麺。
スープはあっさりながら旨み十分で、グイグイ進んだ。
前回食べた基本メニューの「あかりとんこつ」の茶濁とんこつスープとはかなり趣きの異なるスープなのだが、どちらも美味ということで、かなりレベルの高い店だと感じた。

具は、鶏チャーシューと小ネギ・梅干し・スプラウト。
苦手な梅干しとスプラウトを取り除いたので、かなりシンプルな構成になってしまったが、それでもおいしかった。

最後は、サービスで付いてきたライスを投入して雑炊に。
これがまたうまくて、スープも含めて完食。


新潟市中央区上近江2-261-1
不定休 11:00-20:30LO(火-14:30LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧