2017年7月 8日 (土)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【152】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑧
特製濃熟醤油つけ麺(大盛)930円+ 餃子(クーポンサービス)

土曜の19時頃の訪問で、すぐに着席できたのだが、退出した7時半過ぎには10名以上の行列に。

食べたのは「特製濃熟醤油つけ麺」の大盛(並と同料金)とサービスの餃子。Rps20170708_1915_2


味の方はいつもどおり文句無しだったのが、残念だったのが接客。
この店は、いつもは接客もハイレベルなのだが、本日は珍しくぞんざいな女性店員に当たってしまった。
混雑のせいもあるのかもしれないが。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

燈(AKARI)<新潟>

【139】燈(AKARI)<新潟>⑥
つけめん 並780円 + ミニチャーハン80円 + 味玉(クーポンサービス)

半年ぶりの訪問。
この間に、メニューが一新されていて、一番のお気に入りだった「あかりとんこつ」は廃止に。
つけ麺が看板メニューとなったようなので「つけめん 並み」+味玉+ミニチャーハンを。

出てきたのはこちら。Rps20170625_1119


まず並で250gある全粒粉極太麺は、いかにもつけ麺向き。
つけダレは、典型的な動物×魚介の濃厚系。
甘味、辛味、酸味のいずれも突出しておらず、個性は無いが、ハイレベルにまとまっている。

私としては、「あかりとんこつ」のような個性派も捨てがたいのだが、こちらも十分に美味。

また、ミニチャーハンは、かなりオイリーなところがストライクゾーンだった。


新潟市中央区上近江2-261-1
不定休 10:00-15:00 17:00-20:00(火は昼のみ、日10:00-19:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

青島食堂 司菜 南万代店<新潟>

【123】青島食堂 司菜 南万代店<新潟>⑭
青島チャーシュー850円 + のり50円

近場で昼前に終わる会議があったので、12時少し前に訪問。
それでも、残り1席だった。

食べたのは、いつもの「青島チャーシュー」海苔増し。
※写真省略(H29.1.12等参照)


新潟市中央区南万代町2-14
月休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

雨ニモマケズ<東京>

【105】雨ニモマケズ<東京>①
鶏白湯濃厚カレーつけ麺900円 + 〆のチーズ飯100円

東京出張時に訪問。
「ほん田@東十条(=本店)」出身者の店のようだ。
「ほん田NIJI@大宮」や「夏海@赤羽」など「ほん田」の系列の店や出身者の店は、軒並み期間限定がハイレベルという印象が強いので、この店でも初訪問ながら、期間限定の「鶏白湯濃厚カレーつけ麺」を。

出てきたのはこちら。Rps20170510_1217

まず麺は、ツルツルの太麺で、見るからにおいしそうで、実際に、そのまま食べても○。
一方、つけダレはかなりカレー味が強くて思いのほか辛い。でも、濃厚鶏白湯も、しっかり主張していて、「がっぷり四つ」の様相。
そこに、先ほどの太麺を浸して食べれば・・・もちろん美味。
具は、角切りの豚肉と玉ねぎ、キャベツ、ひき肉、メンマ、白ネギ等。
中ではキャベツとひき肉がよかった。

麺、つけダレ、具のいずれも文句無しだったが、コストパフォーマンスがやや悪いように感じた点だけがマイナスポイント。

「〆のチーズ飯」は、つけダレの容器を渡すと、ライスとチーズを入れてくれるスタイル。
量は少なめで、すべてつけダレに沈んでしまうくらいなので、見た目は単なる残ったつけダレ(※なので、写真省略)。
でも、量をおさえめにして、この価格で提供してくれた方がありがたいし、チーズで味がマイルドになって、〆にぴったり。


埼京線十条駅北口5分
火休 11:30-15:30 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【28】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑦
濃熟醤油チャーシュー麺(大盛)950円 + 塩麹玉子(クーポンサービス)

雑誌等でコンスタントに提供されるクーポンにも釣られて、昨年8月以来、6ヶ月連続で訪問。

食べたのは、看板メニューであるにもかかわらず、未食だった「濃熟醤油チャーシュー麺」の大盛。

出てきたのはこちら。Rps20170202_1923

別名「泡シャモジ」と銘打っているだけのことはあって、スープの表面には大量の泡が。
こんなに泡立っているラーメンにお目にかかるのは、新潟では、「鶏和っ賛。@中央区(閉店)」の「カプチーノらーめん」(2015.8.16)以来。あちらはエスプーマという技法による泡立ったのだが、こちらの泡の正体は不明。
そして、泡の下には、圧力鍋で濃厚に仕上げた動物&魚介のスープが。
濃厚なのに飲みやすいのは、泡のおかげか。
濃厚スープ×泡という意味で、これに近いのが、「とみ田@松戸(千葉)」(2008.1.25)のような気がする・・・9年前に1度食べただけなので、確たることはいえないが。
麺は、自家製のモチモチの太麺。
具は、まず、肉類が、網目状の焼き目がついた特大チャーシュー×3&レアチャーシュー×3で、これだけでも満腹になりかねないレベル。
他に、味玉(デフォルトで半分+サービスの塩麹玉子)・メンマ・白髪ネギ・小ネギ・海苔。
並と同料金ということで、欲張って大盛にしたのがやや裏目に出たようで、ギリギリ完食。

でも、今回も、スープ・麺・具のいずれも文句無しだった。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

青島食堂 司菜 南万代店<新潟>

【8】青島食堂 司菜 南万代店<新潟>⑬
青島チャーシュー850円 + のり50円

行列していることが多いため、足が遠ざかっていた店。
本日は、仕事の都合で、早めの昼食となり、11時40分頃の訪問となったが、それでも空席残り2という状況だった。

食べたのは、いつもの「青島チャーシュー」海苔増し。Rps20170112_1150

新潟市中央区南万代町2-14
月休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

あけどや<千葉>

【6】あけどや<千葉>③
胡麻味噌つけ麺 750円

「胡麻味噌つけ麺」を。
京都の製麺所「棣鄂(ていがく)」特製の「やまぐち@面影橋」と同じ太麺×味噌&ゴマの風味と辛みのバランスの良いつけダレで、味に関しては満足できたのだが。。。

接客がひどかったため、再訪の可能性は低い。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【301】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑥
まぜシャモジ 780円

約4か月ぶりに「まぜシャモジ」を。
大盛(並と同料金)・追い飯付き(無料)でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20161211_1820

写真は混ぜる前なので、普通のまぜそばに見えるが、混ぜると、チーズと卵黄で、クリーム色に。
味の面でも、チーズと卵黄がおおいに幅をきかせていて、
ラーメン屋のメニューとしては、かなりオリジナリティーが高くて、しかもおいしい一杯に仕上がっている。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

燈(AKARI)<新潟>

【294】燈(AKARI)<新潟>⑤
あかりとんこつ+ミニチャーハン 780円

ランチタイム(11時~15時)限定で、プラス80円でミニチャーハンが付くセットが登場していたので、「あかりとんこつ」とのセットをオーダー。

出てきたのはこちら。Rps20161204_1109

まずラーメンだが、極細麺が、私としてはやや柔らかめに感じたので、可能であれば「硬め」にしてもらった方が、好みに合いそう。
また、前回食べた際には「マー油入りの白濁とんこつスープということで、ベースが熊本で、それに辛味噌が入っているラーメン」と書いたのだが、今回認識したもう一つのファクターが背脂。むしろ、このあたりが「新潟とんこつ」を名乗っているゆえんなのかもしれない。

また、ミニチャーハンに関しては、パサつき気味で、あまり口には合わなかったが、プラス80円という価格を考えると、次回以降も付けたくなる。


新潟市中央区上近江2-261-1
不定休 11:00-20:30LO(火-14:30LO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【275】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑤
特製濃熟醤油つけめん 大盛 920円→無料 + Aセット(赤シャライス)190円

昼の「来味」に続いて、雑誌のスタンプラリーのご褒美の無料券を活用するべく訪問。
この無料券、大半の店が、対象メニューが限定されているのだが、この「赤シャモジ」は、全メニューOKという気前の良さ。

私もこの気前の良さに甘えて、「特製濃熟醤油つけめん」を大盛(通常でも並と同料金)で。また、併せてAセット=「赤シャライス」も。

出てきたのはこちら。Rps20161105_1908

麺=二種の全粒粉使用の極太麺 良し
つけダレ=泡立った濃厚つけダレ 良し
具=レアチャーシュー×4&分厚い炙りチャーシュー 良し
と三拍子そろっていて、私の好みでは、新潟の濃厚系つけ麺の中では№1。
具は、他に味玉・メンマ・かいわれ・小ネギ等。

出汁の効いた淡麗な割りスープによるスープ割りも含めて、文句無しの逸品だった。

あと、「赤シャライス」は、刻んだレアチャーシュー入りのバターライス。おいしかったのだが、こちらは、コストパフォーマンス面ではやや不満が。

なお、秋の限定は「霧島黒豚と秋野菜のデミカレーらーめん」。茄子などの苦手な秋野菜が入っているので、手を出しづらい。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧