2017年4月14日 (金)

支那そば 大和 稲荷町本店<東京>

【84】支那そば 大和 稲荷町本店<東京>①
特製 白 1000円

東京出張時に「八雲@中目黒→池尻大橋(東京)」出身者の店を訪問。
場所的には、上野駅からでも徒歩10分弱のようだが、今回は時間の都合により、最寄駅の稲荷町から。
斜め向かいぐらいに「稲荷屋(2016.8.31参照)」がある。

「白」と「黒」の2系統(「白」と「黒」を混ぜた「ミックス」も)あり、ワンタンも肉と海老の2種類といったメニュー構成は、本家ゆずり。

今回私が食べたのは「特製 白」。Rps20170414_1258

「白」は白醤油を使用しているので、スープの透明度が高い。
また、特製ということで、ワンタンは、肉&海老が各3個で、これで1000円なら安いくらいだし、肉&海老ワンタン各2個入りの「ハーフ」900円と比べても、「特製」の方が、断然お得。
好みからすると、海老>肉なのだが、全部海老×6にすると、1100円になるし、飽きるおそれも?

なお、麺は中細麺で、具は他に赤く縁どられたチャーシュー×2と海苔・メンマ・青ネギ。

具が充実していることもあって、スープはほぼ完飲。

本家にひけをとらないおいしさで、東京出張時等に再訪の可能性大。


銀座線稲荷町駅1分
火休 11:30-15:30 17:00-21:00(スープ切れ終了、日祝11:30-17:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

やなぎ庵<新潟>

【83】やなぎ庵<新潟>②
カレーラーメン500円 + いなりずし60円

新潟駅構内の立ち食いそば屋。
この店でラーメンを食べたのは、2年以上前に一度きりなのだが、その後、そばは何度か。

今回は、初めての「カレーラーメン」を。
※写真撮り忘れ

通常の「ラーメン」にカレーのルーをのせたものと思われ、カレーの具としてニンジン・玉ねぎ・豚肉、そして他の具としてチャーシュー・白ネギが入っている。

いちおう、価格に見合う満足は得られた。


新潟駅万代口
無休 6:30-22:30(日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

来味 弁天橋通店<新潟>

【71】来味 弁天橋通店<新潟>⑧
デカわんたん鶏醤油らぁ麺 850円→650円(税別、クーポンサービス)

期間限定は、「デカわんたん鶏醤油らぁ麺」「鶏白湯塩らぁ麺」「フォルマジョ塩らぁ麺」の3種。

「デカわんたん」は1度食べたことがある(H28.11.27)のだが、前回は塩味にしたので、今回は醤油味で再食。

出てきた「デカわんたん鶏醤油らぁ麺」はこちら。Rps20170402_1120

肉餡たっぷりのデカわんたん×5と分厚いチャーシューでかなり満腹に。
スープに関しては、醤油味も塩味に負けず劣らずのおいしさだった。

退出時には7名待ちになっていたが、この店で空席待ちを見たのは初めて。本店同様に行列店になっていく(orすでになっている?)のだろうか。


新潟市中央区長潟2-3-7
無休 11:00-14:50LO 17:30-20:50LO(土日は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

ラーチャン家<新潟>

【50】ラーチャン家<新潟>②
ラーチャン 850円 + 煮玉子(クーポンサービス)

10時45分頃の到着で、既に店内には10名以上の先客。
食べたのは「ラーチャン」+煮玉子。
着席してから2分足らずで、出てきたのがこちら。Rps20170305_1047

これだけの早業が可能なのは、単一メニューだし、食券を購入した段階で麺をゆで始めているからなのかもしれない。

早いだけでなく、味の面でも満足できるもので、特に煮干の香る和風醤油味スープは◎。
一方、前回絶賛したチャーハンの方が「普通においしい」くらいのレベルに思えたのは、前回でハードルが上がっていたせいもあるかも。


新潟市中央区女池7-19-8
月休 10:30-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

油そば 雷神<千葉>

【34】油そば 雷神<千葉>②
醤油 油そば 690円

数軒隣りにある「太新(たいしん)」も目に留まったのだが、事前情報無しの店に飛び込みで入ることは滅多にしないので、パスして、無難に2回目のこの店に。
今回は基本メニューの「醤油 油そば」を。
21時50分過ぎの訪問で、先客1名のみだったのが、麺の茹で時間が長いせいもあってか、提供までの待ち時間は15分以上。
その割りに「お待たせしました」の一言も無いのは印象が悪い。

無料トッピングは、オーダーして出してもらってセルフでのせる方式なので、おろしニンニクと揚げ玉をたっぷりのせたのがこちら。Rps20170211_2209


揚げ玉は〇だったのだが、中盤で飽きてきたので、卓上の魚粉を追加投入。

最後は付属のスープ(写真無し)で口直し。

というわけで、味及びコストパフォーマンス面では満足できたのが、接客面では、こちらの「ごちそうさま」にもノーリアクションの塩対応。
このあたりのことも、先客1・後客ゼロという状態の要因の一つとなっているのかもしれない。

また、後日「太新(たいしん)」について検索してみたところ、「食べログ」から「ベストラーメン2010」の賞状をもらっているなかなかの店のようだった。


総武線市川駅北口2分
無休 11:00-25:00
公式HP http://raijin-gyouza.com/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

来味 弁天橋通店<新潟>

【24】来味 弁天橋通店<新潟>⑦
オマール海老の濃厚つけ麺 918円→810円(クーポンサービス)

期間限定のラインアップは、
「オマール海老の濃厚つけ麺」
「オマール海老味噌らぁ麺」
「フォルマジョ塩らぁ麺」
「ポルチーニ茸と貝柱の旨醤油らぁ麺」
「デカわんたん鶏醤油らぁ麺」。
「オマール海老味噌…」と「ポルチーニ茸…」は未食だったが、つけ麺の気分だったので、「オマール海老の濃厚つけ麺」を。

以前(2016.3.13)にも期間限定の「濃厚海老つけ麺」というのを食べたことがあるのだが、今回は「オマール海老の」がついていて、価格も前回のものよりも高いので、ブラッシュアップされたものなのかもしれない。
これを太麺(or細麺)・大盛(並と同料金)でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20170129_1125

つけダレは、海老出汁に加えて海老油で、見た目も香りも味わいも海老海老海老。
また、しばらく経つと、つけダレに膜が。
豚骨ラーメンなどでは見かけることがあるが、海老でも?と思って調べてみたら、これは油の膜のようで。
味の方は、濃厚で、太麺の方が合っているように思われた。
また、麺によくからむので、結構つけダレの減りが激しかった。
具は、炙りチャーシュー・毬麩・メンマ・水菜・海苔・白髪ネギなどおなじみの構成。

海老好きとしては、大満足の一杯だった。


新潟市中央区長潟2-3-7
無休 11:00-14:50LO 17:30-20:50LO(土日は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

ラーチャン家<新潟>

【11】ラーチャン家<新潟>①
ラーチャン 850円 + 肉増し(クーポンサービス)

「味みつ@西区」などの流れを汲む「ラーチャン」(=ラーメン+チャーハンのセット)を店名にした店。

食べたのは、もちろん「ラーチャン」。Rps20170115_1034

まずラーメンだが、この系統らしい透明度の高い醤油味のスープ×細麺に、豚バラチャーシュー×5(デフォルトで2枚+「肉増し」で3枚)・メンマ・白ネギという構成。
スープに関しては、煮干も効いていて、見た目よりは、また、この系統の中では、味がある(極端に薄味ではない)印象。

一方、チャーハンの方は、油加減も味の濃さもストライクゾーン。
チャーハン単品をオーダーしているお客さんもいたが、それもアリだと思った。


新潟市中央区女池7-19-8
月休 10:30-14:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

油そば 雷神<千葉>

【5】油そば 雷神<千葉>①
男味 油そば 790円

「雷神ぎょうざ」という業務用餃子の製造・卸売を本業としている会社?が営業している油そば専門店。

食べたのは「男味 油そば」。
並と同料金だったので、大盛りでおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20170105_2226

太麺&醤油ダレというオーソドックスな構成で、具もチャーシュー・温玉・そぼろ・メンマ・刻み海苔・小ねぎとシンプル。
あとは、卓上の調味料などや無料トッピングによるカスタマイズ次第といったところ。
まず、卓上にあるのが、魚粉・胡椒・ラー油・酢で、今回は魚粉をたっぷりとラー油・酢を少々使用。
また、無料トッピングも言えば出てくるセルフ方式で、こちらはおろしニンニク・揚げ玉・マヨネーズ・季節物(現在は辛い揚げ玉)という陣容で、今回は季節もの以外を使用。

最後は付属のスープで口直しをして終了。
あまり個性は感じなかったが、カスタマイズやトッピング(有料トッピングも各種)次第で、多様な可能性を秘めていそう。


総武線市川駅北口2分
無休 11:00-25:00
公式HP http://raijin-gyouza.com/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

来味 弁天橋通店<新潟>

【292】来味 弁天橋通店<新潟>⑥
デカわんたん鶏塩らぁ麺 850円(税別)

期間限定は「デカわんたん鶏らぁ麺」「フォルマッジョ塩らぁ麺」「ポルチーニ茸と干し貝柱の丸鶏清湯塩らぁ麺」
「濃厚オマールエビつけ麺」の4種。
中では、一番目新しいのが「わんたん麺」。
デフォルトは醤油なのだが、塩も選択できるとのことだったので、塩の方で。

出てきた「デカわんたん鶏塩らぁ麺」はこちら。Rps20161127_1108

ネーミングから、ベースとなっているのは「丸鶏塩らぁ麺」と思われ、それだけで一定のおいしさは約束されたようなもの。
で、主役?のわんたんだが、肉餡がぎっしり入った特大のわんたんが5つも。
しかも、餡に軟骨などの「余計なもの」が入っていない好みのタイプだったので、満足度は大。
具は、他にチャーシュー・海苔・白ネギなど。

「来味」で、具が目立つタイプの限定は珍しいが、かなりおいしかったので、醤油味の方と食べ比べてみたい。


新潟市中央区長潟2-3-7
無休 11:00-14:50LO 17:30-20:50LO(土日は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

ラーカク家<新潟>

【284】ラーカク家<新潟>①
ラーカク850円 + 生卵50円

9月にOPENした新店を初訪問。
ラーメン+チャーハンの「ラーチャン」に対して、ラーメン+角煮丼の「ラーカク」がこの店の売り。
なので、「ラーカク」+生卵を。Rps20161118_1842


まずラーメン(「中華そば」)だが、スープは、「ラーチャン」の場合にありがちな薄味ではなく、キリッとした醤油味で、麺は中細麺。
具は、硬めの薄切りチャーシュー×2とメンマ・もやし・白ネギ。
味の面では、際立った特長はないものの、不満もなく、単品で650円という価格も、シンプルな具の構成を考えれば、相応に感じられる。

一方、こちらは角煮丼。Rps20161118_1843

柔らかく煮込まれた角煮がそこそこの量と白ネギがのっている。
卓上の辛子もよく合うし、濃いめの味付けに対して、生卵も存在価値大。
ちなみに、辛子は、納豆などに付属しているような小袋入り。ややチープなようにも感じたが、ボリューム的にぴったりだったし、鮮度の面でもこの方が合理的なのかもしれない。

感想。
薄めの味わいのラーメン×濃いめの味付けのチャーハンで補完し合う「ラーチャン」に対して、こちらの「ラーカク」は、どちらも濃い味で、相互補完関係には無いように思われるが、どちらもおいしいし、プラス200円でこの角煮丼が付けられるのであれば、私としては、この店では迷わず「ラーカク」!


新潟市西区亀貝80-3
月休(祝翌日)10:30-14:30 17:30-20:30 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧